So-net無料ブログ作成
美術館 ブログトップ

箱根彫刻の森美術館:幸せをよぶシンフォニー彫刻 [美術館]

DSC02514.JPG

箱根強羅温泉の帰りに箱根彫刻の森美術館に寄り道したときの映像です。

今回は、幸せをよぶシンフォニー彫刻(ガブリエル・ロワール作)ですが高さ18メートル、内部8メートルで、厚さ2~3センチメートルの分厚いガラスを槌で手割にした破片で作られたステンドグラスが全面にはめ込まれ、幻想的な美しい世界を創造してます。

Wikipediaからの抜粋ですが「箱根彫刻の森美術館は、神奈川県足柄下郡箱根町にある、野外彫刻を中心とした美術館である。敷地面積は約7万平方メートル。運営は、特定公益増進法人である財団法人彫刻の森美術館が、姉妹館の美ヶ原高原美術館とともに担当している。
フジサンケイグループ傘下の美術館であり、BSフジのオープニング番組「美術館の風に吹かれて」(毎日5:55~6:00)の映像にも使われている。」と記載されています。

DSC02515.JPG
DSC02518.JPG
DSC02521.JPG
DSC02522.JPG
DSC02524.JPG
DSC02526.JPG
DSC02528.JPG
DSC02530.JPG
DSC02531.JPG
DSC02532.JPG
DSC02534.JPG
DSC02535.JPG

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ルーブル美術館:ミロのヴィーナス [美術館]

ミロのヴィーナス.JPG

2010/01/27ルーブル美術館で撮影してきた「ミロのヴィーナス」像のyoutubeの映像をご覧下さい。



http://youtu.be/1MLvERVtFIo
nice!(68)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

箱根彫刻の森美術館:幸せをよぶシンフォニー彫刻 [美術館]



2009年12月上旬撮影、箱根強羅温泉の帰りに箱根彫刻の森美術館に寄り道したときの映像です。

今回は、幸せをよぶシンフォニー彫刻(ガブリエル・ロワール作)ですが高さ18メートル、内部8メートルで、厚さ2~3センチメートルの分厚いガラスを槌で手割にした破片で作られたステンドグラスが全面にはめ込まれ、幻想的な美しい世界を創造してます。

Wikipediaからの抜粋ですが「箱根彫刻の森美術館は、神奈川県足柄下郡箱根町にある、野外彫刻を中心とした美術館である。敷地面積は約7万平方メートル。運営は、特定公益増進法人である財団法人彫刻の森美術館が、姉妹館の美ヶ原高原美術館とともに担当している。
フジサンケイグループ傘下の美術館であり、BSフジのオープニング番組「美術館の風に吹かれて」(毎日5:55~6:00)の映像にも使われている。」と記載されています。

DSC02514.JPG
DSC02515.JPG
DSC02518.JPG
DSC02521.JPG
DSC02522.JPG
DSC02524.JPG
DSC02526.JPG
DSC02528.JPG
DSC02530.JPG
DSC02531.JPG
DSC02532.JPG
DSC02534.JPG
DSC02535.JPG

nice!(296)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

横浜市桜木町駅高架下のアート後編 [美術館]




動画映像は下記のサイトでご覧下さい
http://ameblo.jp/takemovies/entry-10044835183.html

みなとみらい21線開業に伴い廃線となった横浜駅~桜木町駅区間(東急東横線)の高架下にグラフィティ(落書き)が壁いっぱいに描かれています。廃線になる以前からあり中には素人でも目を楽しませてくれるレベルの高いと感じられる作品もあります。お気に入り写真も添付しましたので併せてご覧下さい。

投稿済みに動画映像は:
アート前編:http://ameblo.jp/takemovies/entry-10043893735.html


横浜市桜木町駅高架下のアート [美術館]


動画映像は下記のサイトでご覧下さい
http://ameblo.jp/takemovies/entry-10043893735.html

みなとみらい21線開業に伴い廃線となった横浜駅~桜木町駅区間(東急東横線)の高架下にグラフィティ(落書き)が壁いっぱいに描かれています。廃線になる以前からあり中には素人でも目を楽しませてくれるレベルの高いと感じられる作品もあります。お気に入り写真も添付しましたので併せてご覧下さい。



大塚国際美術館 [美術館]


動画映像は下記のサイトでご覧下さい
http://ameblo.jp/takemovies/entry-10041616106.html

2006年5月に「そうだ 京都、行こう」のコマーシャルに引き寄せられ京都に4泊5日で行った時に撮影しました。大塚国際美術館は雑誌で見つけチャンスを狙っていた場所で京都駅からバスで美術館に午後到着しました。京都に戻る予定だったので2-3時間しか観賞することが出来ませんでした。時間が足りません、想像以上の興味があった作品数が展示されていたので!紅葉の時期に一泊でタップリの時間で再観賞してきます、絵画に興味をお持ちの方は観賞価値ありと思いますが!
この映像で使用した「写真は大塚国際美術館の作品を撮影したものです」がその中の一部です。
大塚国際美術館の詳細は下記のHPをご覧下さい
http://www.o-museum.or.jp/japanese/index.html

全投稿済み映像は下記のサイトでご覧下さい
http://ameblo.jp/takemovies
 


美術館 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。