So-net無料ブログ作成
海外旅行 ブログトップ
前の10件 | -

ドイツ旅行:リンダーホーフ城からミュンヘンへの帰路 [海外旅行]

CIMG2634○.AVI_000001034.jpg

2009年9月下旬撮影

    リンダーホーフ城からバスでオーバーアマガウへ、そこから鉄道でミュンヘンへの帰路、その時の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「オーバーアマガウは、ミュンヘンの南、約60kmに位置する。アルプスの山々に囲まれた小さな街。1634年以来、キリストの受難劇を上演し続けているほど街の住民は信仰心が篤い。伝統的な民家の外壁には美しいフレスコ画が描かれている」と記載されています。

CIMG2631.JPG
CIMG2635.JPG
CIMG2636○.AVI_000009342.jpg
CIMG2636○.AVI_000026159.jpg
CIMG2636○.AVI_000028428.jpg
CIMG2638.JPG
CIMG2639.JPG
CIMG2641.JPG
CIMG2653.JPG
CIMG2658.JPG
CIMG2661.JPG
CIMG2668.JPG
DSC00744.JPG
DSC00746.JPG
CIMG2647.JPG
CIMG2650.JPG



nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツ旅行:オーバーアマガウ・ヴィーナスの洞窟 [海外旅行]

Linderhof-14.jpg

2009年9月下旬撮影、

    ルートヴィヒ2世がリンダーホーフ城の敷地内にワーグナーの「タンホイザー」の世界をイメージして造らせた人工の洞窟である「ヴィーナスの洞窟」映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「リンダーホーフ城は、ドイツ、バイエルン州南西のオーバーアマガウ近くに位置する城である。リンダーホーフ宮殿ともよばれる。
バイエルン王ルートヴィヒ2世が建設した3つの城のうち、唯一完成した城である。1874年に建築が開始され、1878年に完成した。完成後、彼は長い期間そこで過ごした。建物内部はロココ様式の豪華な装飾があり、庭園内には金色の女神像の噴水がある。」と記載されています。

DSC00702.JPG
DSC00726.JPG
Image6.jpg
Image7.jpg
Image8.jpg
Image9.jpg
Image10.jpg
Image11.jpg
Image12.jpg


nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツ旅行:オーバーアマガウ・リンダーホーフ城 [海外旅行]

DSC00681.JPG

2009年9月下旬撮影、 オーバーアマガウにあるリンダーホーフ城の外観映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「リンダーホーフ城は、ドイツ、バイエルン州南西のオーバーアマガウ近くに位置する城である。リンダーホーフ宮殿ともよばれる。
バイエルン王ルートヴィヒ2世が建設した3つの城のうち、唯一完成した城である。1874年に建築が開始され、1878年に完成した。完成後、彼は長い期間そこで過ごした。建物内部はロココ様式の豪華な装飾があり、庭園内には金色の女神像の噴水がある。」と記載されています。

DSC00629.JPG
DSC00632.JPG
DSC00650.JPG
DSC00671.JPG
DSC00693.JPG
DSC00695.JPG
DSC00698.JPG
DSC00731.JPG
DSC00732.JPG
女神像の噴水Linderhof-5.jpg


nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツ旅行:ミュンヘン・リンダーホーフ城へ [海外旅行]

CIMG2547.JPG

2009年9月下旬撮影、ミュンヘンからリンダーホーフ城へアウトバーンを利用してドライブ、その途中にあったフラスコ画が気にいた教会の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「アウトバーン(ドイツ語:Autobahn)は、ドイツ・オーストリア・スイスの自動車高速道路。
「アウトバーン」を逐語訳すると「自動車の走る道」である。ドイツ語の「バーン」とは、人や馬も歩くような道ではない、専用道的な意味合いを持つ。例えばSバーン(近距離鉄道)、Uバーン(地下鉄)、シュトラーセンバーン(路面電車・市電)などは鉄道である。アウトバーンも自動車専用道路である。
アウトバーンは世界で初めての本格的な高速道路ネットワークであった。単純な高規格直線道路を建設するのではなく、クロソイド曲線を用いた緩やかなカーブのライン設定や、近代的だが風致に合った橋梁・高架橋デザインを取り入れ、既存の自然景観と調和する道路建設を目指した。マクロな見地から高速道路を設計するそのコンセプトは、戦後もアウトバーンのみならず世界各国の多くの高速道路に取り入れられている。」と記載されています。

CIMG2550.JPG
CIMG2556.JPG
CIMG2560.JPG
CIMG2569.JPG
CIMG2570.JPG
CIMG2571.JPG
CIMG2572.JPG
CIMG2573.JPG
CIMG2578.JPG
CIMG2579.JPG
CIMG2581.JPG
CIMG2583.JPG
CIMG2589.JPG


nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツ旅行:ミュンヘン・住宅地区の小さな教会 [海外旅行]

CIMG2525.JPG

2009年9月下旬撮影、ミュンヘン郊外の住宅地内に在った小さな教会の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「ドイツの宗教はキリスト教徒 (68%) のうち、プロテスタント (32.7%) 、カトリック (31.4%) で、イスラム教 (4.0%) 、ユダヤ教 (0.25%) 、無宗教もしくは無神論 (29.6%) 等となっている。
2007年現在、ドイツの全人口の30,2%、24,832千人がドイツ福音主義教会(EKD)の教会員である[6]。 ドイツ福音主義教会には22の州教会が加盟しており、常議員会議長がドイツ福音主義教会(EKD)を代表する。2009年10月より、ハノーファー福音ルター派州教会監督のマルゴート・ケースマンが 常議員会議長の職に就いている。ルター派女性神学者マルゴート・ケースマンが、ドイツのプロテスタントを代表している。」と記載されています。

CIMG2524.JPG
CIMG2526.JPG
CIMG2527.JPG
CIMG2528.JPG
CIMG2529.JPG
CIMG2530.JPG
CIMG2531.JPG
CIMG2532.JPG
CIMG2533.JPG
CIMG2534.JPG
CIMG2535.JPG
CIMG2536.JPG
CIMG2537.JPG


nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツ旅行:ミュンヘン・宮廷庭園と庭園からの眺め [海外旅行]

DSC00569ミュンヘン公園.JPG

2009年9月下旬撮影、ミュンヘン・宮廷庭園と周りの風景をご覧下さい。

宮廷庭園ホーフ・ガルテンは1613-17年に造園され、もともとは宮殿の庭園だった。レジデンツ(王宮)に隣接し、公園の中央には噴水と女神ディアナのまつられる庭園神殿がある。ここは街の中心部にあたり、マクシミリアン1世がイタリアの造園技術をもとに造らせた。この庭園の北側には演劇博物館が、庭園正面にはバイエルン総理府がある。これはジーゲルトによって設計され、かつてはバイエルン軍隊博物館となっていた。

DSC00566.JPG
DSC00567.JPG
DSC00568.JPG
DSC00570.JPG
DSC00571.JPG
DSC00572.JPG
DSC00573.JPG
DSC00575.JPG
DSC00586.JPG
DSC00588.JPG
zzDSC00572.JPG





nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツ旅行:ミュンヘン・ティアティーナ教会 [海外旅行]

aaDSC01610ティアティーナ教会と広場の銅像.JPG

2009年9月下旬撮影、

   ミュンヘン・ティアティーナ教会の外観と内部をご覧下さい。

テアティーナ教会はオデオン広場、将軍堂横に建っている。バロック中期のバジリカ教会であらゆる意味でミュンヘンでもっと美しい教会の一つに数えられる。これはイタリア・バロック式の教会で1663-75年にアゴスティーノ・バレーリとエンリコ・ズッカーリによって建てられた。円蓋の高さは71メートル。この教会は1662年、選帝候フェルディナント・マリアの継承者マックス・エマヌエルが誕生したのを祝って建てられた。ドイツにおける最高のバロック建築とも称される。教会正面入り口のニーシェにある大理石の彫刻はローマン・ボースの作品で、聖フェルディナント、聖アーデルハイド、聖マクシミリアン、聖カイェタンである。教会内部は筒形丸天井と円蓋がなす高い円弧が司り、内装は白く水漆喰で塗られている。本祭壇は豪壮な円柱建築で選帝候家の4人の守護天使によって栄光を与えられている。この教会にはヴィッテルスバッハ家の墓所があり25人が安置されている。

DSC00597.JPG
DSC00599.JPG
DSC00602ティアティーナ教会内部.JPG
DSC00606.JPG
DSC00611.JPG
DSC00617.JPG
DSC00619.JPG
DSC00620.JPG
DSC00623.JPG
DSC00624.JPG


nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツ旅行:ミュンヘン・レジデンス宮殿宝物庫(7) [海外旅行]



2009年9月下旬撮影、2009年9月25日から10月8日までドイツの個人自由旅行(その日の気分と天気で詳細決定)に行って来ました。基本ルートは、ミュンヘンとバイエルン州の観光、ハイデルベルク/フランクフルト/ケルン観光、ベルリン/ポツダム/ニュルンベルグ観光で合計14日間の旅行です。2日間は曇り時々小雨でしたが天気には恵まれたたと思っています。移動方法は1日だけ友人の車でドライブ旅行でしたが残りの都市間移動は8日間のジャーマン・レイル・パスを利用し市内は地下鉄とバスを利用しました。特にトラブルにも遭わず無事帰国でき満足、満足の旅行でした。その旅行記録映像を数回に分割して投稿しますのでご覧下さい。

ミュンヘン・レジデンス宮殿宝物庫コレクション

ガイドブックからの抜粋ですが「レジデンス博物館-ミュンヘン・レジデンス宮殿宝物庫は、1565年にアルブレヒト公爵により創設されたヴィッテルスバッハ家の宝物庫は、1920年より博物館となり、130の部屋を見学することができ、現在ヨーロッパで最も重要な城館博物館の一つに数えられています。世界でも非常に高価なコレクションは、古代後期から、アルヌルフ聖体器(890年頃)、ギーゼラ十字架(1006年)などの中世、ゴシック後期とルネッサンスからバロックやロココ、古典主義まで広範囲なものです。また水晶や、宝石、象牙製の数多くの傑作に並び、教会美術、勲章や王冠王笏、ニュルンベルクとアウクスブルクの金細工技術で作られた食卓の調度品や化粧道具一式、異国風の芸術品などが展示されています。住居の部分や祝祭ホール、バイエルンの君主の宮殿内の礼拝堂などを一巡すると、異なる時代様式で造られた、歴史的な城館の全体像を体験することができます。」と記載されています。

DSC00331.JPG
DSC00333.JPG
DSC00335.JPG
DSC00336.JPG
DSC00337.JPG
DSC00344.JPG
DSC00355.JPG
DSC00356.JPG
DSC00363.JPG
DSC00364.JPG
DSC00365.JPG

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツ旅行:ミュンヘン・レジデンス宮殿宝物庫(3) [海外旅行]

aDSC00277.JPG

、ミュンヘン・レジデンス宮殿宝物庫コレクションの映像をご覧下さい。

ガイドブックからの抜粋ですが「レジデンス博物館-ミュンヘン・レジデンス宮殿宝物庫は、1565年にアルブレヒト公爵により創設されたヴィッテルスバッハ家の宝物庫は、1920年より博物館となり、130の部屋を見学することができ、現在ヨーロッパで最も重要な城館博物館の一つに数えられています。世界でも非常に高価なコレクションは、古代後期から、アルヌルフ聖体器(890年頃)、ギーゼラ十字架(1006年)などの中世、ゴシック後期とルネッサンスからバロックやロココ、古典主義まで広範囲なものです。また水晶や、宝石、象牙製の数多くの傑作に並び、教会美術、勲章や王冠王笏、ニュルンベルクとアウクスブルクの金細工技術で作られた食卓の調度品や化粧道具一式、異国風の芸術品などが展示されています。住居の部分や祝祭ホール、バイエルンの君主の宮殿内の礼拝堂などを一巡すると、異なる時代様式で造られた、歴史的な城館の全体像を体験することができます。」と記載されています。

DSC00262.JPG
DSC00263.JPG
DSC00264.JPG
DSC00265.JPG
DSC00266.JPG
DSC00267.JPG
DSC00269.JPG
DSC00270.JPG
DSC00271.JPG
DSC00272.JPG
DSC00273.JPG
DSC00274.JPG
DSC00275.JPG
DSC00276.JPG


nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ロシア旅行:エルミタージュ美術館の展示品 [海外旅行]

uvs090829-042.JPG

エルミタージュ美術館の展示品の一部をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「エルミタージュ美術館は、サンクトペテルブルクにあるロシアの国立美術館。 1990年に世界遺産(サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群)に包括登録されている。
1764年にエカチェリーナ2世が収蔵品の収集を始めたのが、エルミタージュの起源である。本来はエカチェリーナ2世専用の美術館で、フランス語で「隠れ家」を意味する「エルミタージュ」という名称もそれに由来する。当初は王侯貴族の収集品を収めるだけで、一般向けの開館はしていなかったが、1917年に一般向けに開館した。」と記載されています。

uvs090829-044.JPG
uvs090829-045.JPG
uvs090829-046.JPG
uvs090829-047.JPG
uvs090829-048.JPG
uvs090829-049.JPG
uvs090829-050.JPG
uvs090829-051.JPG
uvs090829-052.JPG
uvs090829-053.JPG
uvs090829-054.JPG
uvs090829-055.JPG
uvs090829-056.JPG

 
 
nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 海外旅行 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。