So-net無料ブログ作成
検索選択
神奈川県 ブログトップ

長興山紹太寺の枝垂れ桜 [神奈川県]

DSC00994.JPG

天気もよく朝一番の新幹線小田原へ、そこから箱根登山鉄道で入生田駅下車し徒歩15分で推定樹齢330年の枝垂桜です。長興山紹太寺は歴史の中で重要な役割を担った稲葉氏一族と春日局の墓がるお寺です。
Wikipediaによると「春日の局は、本名をお福といい、天正七年(1579)、明智光秀の五重臣の一人斎藤利三の末娘として生まれました。十七歳のとき、備後の国の稲葉正成の後妻となり三子を設けましたが、たまたま徳川第二代将軍秀忠の長子竹千代の乳母の募集に応じ、江戸城に住むことになりました。春日局に育てあげられた竹千代は、元和九年(1623)、徳川第三代将軍家光となりました。局とその長子稲葉正勝とを敬愛していた家光は、寛永九年(1632)、正勝を八万五千石の小田原城主に任じました。これが、小田原稲葉氏の始まりです。しかし、寛永十年(1633)、歴史的な小田原大震災で小田原城は崩壊し、その翌年寛永十一年(1634)には、当の正勝も、不幸なことに三十八歳の若さで病没してしまいました。後を継いだのは、わずか十二歳の稲葉正勝でしたが、祖母に当たる春日局の絶大な力で、正則は、三十五歳で徳川幕府の老中となりました。「長興山紹太寺」を創建したのもこの正則でこの時に植えられたと推定されています。やがて、その子稲葉正通が襲封し、稲葉氏一族は、小田原の藩政を五十年間握りました。寛永二十年(1643)、六十五歳で没した春日局をはじめ稲葉氏一族は、相模灘を遥かにのぞむ長興山山上で眠っています。 」と説明されています。見ごたえがありますよ、この桜も!

CIMG2552.JPG
DSC00996.JPG
DSC00999.JPG
DSC01004.JPG
DSC01011.JPG
DSC01020.JPG
DSC01039.JPG
DSC01042.JPG
DSC01043.JPG



    

nice!(160) 
共通テーマ:旅行

神奈川県松田町の河津桜 [神奈川県]

aaCIMG1722.JPG

動画映像は下記のサイトでご覧下さい
http://ameblo.jp/takemovies/entry-10080644353.html

タイミングが少し遅めで葉っぱ邪魔してますが!天気もよく気持ちのいい日でした。桜以外にも菜の花も満開でした。満開の菜の花と桜をバックの映像が編集出来ましたら投稿いたします。

CIMG1720.JPG
CIMG1721.JPG
CIMG1723.JPG
CIMG1724.JPG
CIMG1725.JPG
CIMG1726.JPG
CIMG1727.JPG
Image1.jpg
DSC00411.JPG



    
nice!(139)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

湯河原幕山の梅 [神奈川県]





動画映像は下記のサイトでご覧下さい

http://ameblo.jp/takemovies/entry-10074566595.html




2008年2月21日、湯河原幕山の梅を撮ってきました。まだ1-2分咲き程度でしたがNHKが22日朝のニュースでライブ映像を放映してましたが、今年は寒い日が続いたため1週間くらい遅れているとのこと、2月末が山一面が梅、梅、梅で見ごろと思いますが自己責任で計画を(笑い)!

























nice!(190)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

湯河原幕山の梅 [神奈川県]





動画映像は下記のサイトでご覧下さい

http://ameblo.jp/takemovies/entry-10074566595.html




2008年2月21日、湯河原幕山の梅を撮ってきました。まだ1-2分咲き程度でしたがNHKが22日朝のニュースでライブ映像を放映してましたが、今年は寒い日が続いたため1週間くらい遅れているとのこと、2月末が山一面が梅、梅、梅で見ごろと思いますが自己責任で計画を(笑い)!

























nice!(157)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

小田原城 [神奈川県]





動画映像は下記のサイトでご覧下さい

http://ameblo.jp/takemovies/entry-10068436902.html




2006年3月撮影小田原城が初めて築かれたのは、大森氏が小田原地方に進出した15世紀初めごろのことと考えられています。明応4年(1495)に戦国大名小田原北条氏の居城となってから、関東支配の中心拠点として次第に拡張整備され、豊臣秀吉の来攻に備えて城下を囲む大外郭を完成させると城の規模は最大に達し、日本最大の中世城郭に発展しました。

江戸時代を迎えると小田原城は徳川家康の支配するところとなり、その家臣大久保氏を城主として迎え、城の規模は三の丸以内に著しく縮小されました。稲葉氏が城主となってから大規模な改修工事が始められ、近世城郭として生まれ変わりました。その後、大久保氏が再び城主となり、箱根を控えた関東地方防御の要衝として、また幕藩体制を支える譜代大名の居城として、幕末まで重要な役割を担ってきました(Wikipediaより抜粋)。



































nice!(209)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

曽我梅林 [神奈川県]





動画映像は下記のサイトでご覧下さい

http://ameblo.jp/takemovies/entry-10068141871.html




2006年3月撮影、曽我梅林は小田原の北東に広がる中河原梅林、原梅林、別所梅林の3つの梅林の総称。箱根連山や富士山を背景に3万5000本の梅が花を咲かせる2月には梅祭が開催されています。晴れた日に富士山+青空をバックにした梅の映像をご覧下さい。



















     
nice!(212)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
神奈川県 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。