So-net無料ブログ作成
奈良県 ブログトップ

元興寺(がんごうじ) [奈良県]

DSC07813.JPG

2010年10月23日撮影、古都奈良の文化財の一部として世界遺産になってる日本最古、飛鳥時代の瓦(極楽坊禅室・本堂)が残っている元興寺の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「元興寺(がんごうじ)は、奈良市にある、南都七大寺の1つに数えられる寺院。蘇我馬子が飛鳥に建立した、日本最古の本格的仏教寺院である法興寺がその前身である。法興寺は平城京遷都に伴って飛鳥から新都へ移転し、元興寺となった(ただし、飛鳥の法興寺も元の場所に残り、今日の飛鳥寺となっている)。奈良時代には近隣の東大寺、興福寺と並ぶ大寺院であったが、中世以降次第に衰退して、現在は次の2つの寺院に分かれている。」と記載されています。

DSC07815.JPG
DSC07817.JPG
DSC07818.JPG
DSC07819.JPG
DSC07822.JPG
DSC07823.JPG
DSC07826.JPG

日本最古、飛鳥時代の瓦(極楽坊禅室・本堂):Wikipediaからの抜粋
日本最古、飛鳥時代の瓦(極楽坊禅室・本堂).jpg

五重小塔:Wikipediaからの抜粋
五重小塔.jpg



      

nice!(312)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
奈良県 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。