So-net無料ブログ作成

ドミニク・アングル [画家]

aa横たわるオダリスクThe Grand Odalisque.jpg
ルーヴル美術館でお目にかかった画家ドミニク・アングルの作品を独断と偏見ですが代表作と思われる数点を直接撮影、インターネット等で収集しましたのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「ルーヴル美術館は、パリにあるフランスの国立博物館である。
メトロポリタン美術館(アメリカ合衆国ニューヨーク)などと並んで世界最大級の美術館の1つであるとともに、アシュモリアン美術館(1683年)や、ドレスデン美術館(1744年)、バチカン美術館(1784年)と並んで、ヨーロッパで最も古い美術館の1つに数えられる。世界遺産パリのセーヌ河岸に包括登録されている。初代館長はナポレオンの外交官であったヴィヴァン・ドゥノン。世界的に有名な絵画・彫刻を多数所蔵している。

ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル(1780年8月29日 - 1867年1月14日)は、フランスの画家。19世紀前半、当時台頭してきたドラクロワらのロマン主義絵画に対抗し、ダヴィッドから新古典主義を引き継ぎ、古典主義的な絵画の牙城を守った。ラファエロに対する極めて高い評価、入念に構成された緊密な諧調、形体の幾何学的解釈など、師であったギョーム・ジョセフ・ロックの影響が色濃い。
アングルは1806年から1824年までの長期間イタリアに滞在し、1820年まではローマ、以後1824年まではフィレンツェで活動している。この間、ラファエッロ、ミケランジェロなどの古典を研究し、生活のために肖像画を描きつつ、母国フランスのサロンへも出品していた。有名な『ヴァルパンソンの浴女』(1808年)、『横たわるオダリスク』(1814年)などはこの時期の作品である。」と記載されています。

abThe Batherヴァルパンソンの浴女.jpg
acThe Source泉.jpg
adトルコ風呂.jpg
Madame Moitessier.jpg
Madame Riviere.jpg
Mademoiselle Caroline Riviere.jpg
Napoleon I on the Imperial Throneナポレオン.jpg
Paolo and Francesca.jpg
Princess de Broglie.jpg
Roger Freeing Angelica.jpg
Study of a Male Nude.jpg
The Birth of the Last Muse.jpg
The Dream of Ossian.jpg
The Entry of the Future Charles V into Paris in 1358.jpg



nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

アレクサンドル・カバネル [画家]

aaThe Birth of Venus.jpg

オルセー美術館でお目にかかった画家アレクサンドル・カバネルの作品を独断と偏見ですが代表作と思われる数点を直接撮影、インターネット等で収集しましたのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「オルセー美術館 は、フランスのパリにある、19世紀美術専門の美術館である。印象派の画家の作品が数多く収蔵されていることで有名。

アレクサンドル・カバネル(1823年9月28日 - 1889年1月23日)は、フランスの画家。
カバネルはエロー県モンペリエに生まれた。アカデミックなスタイルで、歴史、古典、宗教をテーマに絵を描いた。フランス皇帝ナポレオン3世のお気に入りの画家だった。カバネルが1863年に描いた『ヴィーナスの誕生』は、19世紀のアカデミック絵画で最もよく知られている絵である。この絵はナポレオン3世が購入した。1875年に銀行家ジョン・ウルフのために描いたその複製画は、1893年にウルフが寄贈して、現在ニューヨークのメトロポリタン美術館にある。」と記載されています。

Alexandre_Cabanel,_Opheliaオフィーリア.jpg
Alexandre_Cabanel_-_Albayde.jpg
Alexandre_Cabanel_-_Echoエコー.jpg
Alexandre_Cabanel_-_Harmonieハーモニー.jpg
Alexandre_Cabanel_-_The_Daughter_of_Jephthah_(1879,_Oil_on_canvas)イェフタの娘.jpg
Comtesse_de_Keller_(Alexandre_Cabanel).jpg
Eve_after_the_Fall_(Alexandre_Cabanel).jpg
Expulsion_of_Adam_and_Eve_(Alexandre_Cabanel).jpg
Francesca_de_Rimini_Paolo_Malatesta.jpg
Nymphe_et_Saty_(Alexandre_Cabanel)_1860.jpg
フランチェスカ・ダ・リミニとパオロ・マラテスタの死.jpg



nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

フランソワ・ブーシェ [画家]

Diana Resting after her Bath.jpg

ミュンヘンのアルテ・ピナコテーク美術館でお目にかかった画家フランソワ・ブーシェの作品を独断と偏見ですが代表作と思われる数点を直接撮影、インターネット等で収集しましたのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「アルテ・ピナコテーク美術館は、ドイツの国立美術館である。バイエルン州ミュンヘンに位置する、世界でも最古の部類に属する公共美術館である。もとはバイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の収蔵品を市民を対象に展示する目的で作られた。以後、バイエルン王国のドイツ帝国への編入を経て、国有化され、現在にいたる。「ピナコテーク」という単語はギリシア語に由来しており、「絵画の収蔵所」という意味を持つ。

フランソワ・ブーシェ(1703年9月29日 - 1770年5月30日)は、ロココ時代のフランスの画家。
上流社会の肖像画や神話画などを優雅なタッチで描いた。メートル・ド・プレジール(快楽に奉仕する画家の意)の称もある、フランスロココ絵画の典型的な画家である。
ブーシェの手がける作品の甘美な世界観や豊麗な官能性は(当時の)一部の知識人・教養人などから「堕落的」との批判を受けた。」と記載されています。

Blond Odalisque (L'Odalisque Blonde).jpg
Apollo Revealing his Divinity before the Shepherdess Isse.jpg
A Summer Pastoral.jpg
Diana after the Hunt.jpg
Painter in his Studio.jpg
Portrait of Marquise de Pompadour1.jpg
Portrait of Marquise de Pompadour.jpg
The Milliner (The Morning.jpg
The Odalisk.jpg
The Toilette.jpg
Vulcan Presenting Venus with Arms for Aeneas.jpg





nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ウジェーヌ・ドラクロワ [画家]

民衆を導く自由の女神755px-Eug%C3%A8ne_Delacroix_-_La_libert%C3%A9_guidant_le_peuple.jpg

ルーヴル美術館でお目にかかった画家ウジェーヌ・ドラクロワの作品を独断と偏見ですが代表作と思われる数点を直接撮影、インターネット等で収集しましたのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「ルーヴル美術館は、パリにあるフランスの国立博物館である。メトロポリタン美術館(アメリカ合衆国ニューヨーク)などと並んで世界最大級の美術館の1つであるとともに、アシュモリアン美術館(1683年)や、ドレスデン美術館(1744年)、バチカン美術館(1784年)と並んで、ヨーロッパで最も古い美術館の1つに数えられる。世界遺産パリのセーヌ河岸に包括登録されている。初代館長はナポレオンの外交官であったヴィヴァン・ドゥノン。世界的に有名な絵画・彫刻を多数所蔵している。

フェルディナン・ヴィクトール・ウジェーヌ・ドラクロワ 1798年4月26日 - 1863年8月13日)はフランスの19世紀ロマン主義を代表する画家。
1798年、パリ近郊のシャラントンに生まれた。父は外交官シャルル・ドラクロワだが、実の父親はナポレオン帝政下などで外務大臣を務め、ウィーン会議のフランス代表として知られるシャルル・モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールだといわれている。
1830年の七月革命に際しては、有名な『民衆を導く自由の女神』を制作している。この絵画は彼の肖像と共に、旧フランス・フランの100フラン紙幣に描かれたこともあった。」と記載されています。

アルジェの女たち767px-WomenofAlgiers.jpg
キオス島の虐殺507px-Eug%C3%A8ne_Delacroix_-_Le_Massacre_de_Scio.jpg
サルダナパールの死755px-Eug%C3%A8ne_Delacroix_-_La_Mort_de_Sardanapale.jpg
ダンテの小舟800px-The_Barque_of_Dante.jpg
モロッコのスルタン553px-Eug%C3%A8ne_Ferdinand_Victor_Delacroix_033.jpg
リエージュ司祭の暗殺761px-Eug%C3%A8ne_Ferdinand_Victor_Delacroix_013.jpg
リンボ(リュクサンブール宮図書室の天井画)800px-Luxembourg-Library-Delacroix.jpg
十字軍入城729px-Eug%C3%A8ne_Ferdinand_Victor_Delacroix_012.jpg
墓場の少女493px-Eug%C3%A8ne_Delacroix__Girl_Seated_in_a_Cemetery.jpg
母虎と戯れる子虎800px-A_Young_Tiger_Playing_with_its_Mother.jpg


nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

エドガー・ドガ [画家]

バレエのレッスン(1874年頃、オルセー美術館所蔵)Degas-_La_classe_de_danse_1874.jpg

フランス旅行時のオルセー美術館でお目にかかった画家エドガー・ドガの作品を独断と偏見ですが代表作と思われる数点をインターネット等で収集しましたのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「オルセー美術館 は、フランスのパリにある、19世紀美術専門の美術館である。印象派の画家の作品が数多く収蔵されていることで有名。

エドガー・ドガ(1834年7月19日 - 1917年9月27日)は、フランスの印象派の画家。フルネームはイレール・ジェルマン・エドガー・ド・ガス。
1834年、パリに銀行家の息子として生まれる。「ドガ」という貴族風の苗字を持つが、ドガ家はフランス革命後に勢力を伸ばした新興ブルジョワで、エドガー・ドガの生まれた頃にはさほど裕福ではなかったらしい。彼の作品には室内風景を描いたものが多い。野外の風景を描いたものは、競馬場など人々の多く集まる場所に限られ、彼の関心の対象は徹底して都会生活とその中の人間であった。殊にバレエの踊り子と浴女を題材にした作品が多く、彼女らの一瞬見せた何気ない動作を永遠化する素描力は秀逸である。」と記載されています。

Edgar_Germain_Hilaire_Degas_009.jpgEdgar_Germain_Hilaire_Degas_024.jpg
Edgar_Germain_Hilaire_Degas_059.jpg
Paintings of dancers_Edgar_Germain_Hilaire_Degas_018.jpg
Woman in her toilette_Degas_Weiblicher_liegender-Akt_auf_Teppich.jpg
Woman in her toilette_Edgar_Germain_Hilaire_Degas_017.jpg
Woman in her toilette_Edgar_Germain_Hilaire_Degas_029.jpg
アイロンをかける2人の女Edgar_Germain_Hilaire_Degas_084.jpg
アブサンEdgar_Germain_Hilaire_Degas_012.jpg



nice!(39)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

エドヴァルド・ムンク [画家]

『叫び』_470px-The_Scream.jpg

2006年8月北欧4カ国周遊時にオスロ国立美術館でお目にかかった画家エドヴァルド・ムンクの作品を独断と偏見ですが代表作と思われる数点をインターネット等で収集しましたのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「オスロ国立美術館は、王宮にほど近くオスロ大学の裏手にあります。ムンクをはじめノルウェーの画家の作品、またゴッホ、モネ、ドガ、ルノワール、ロダン、ヘンリームーアなどの作品も展示されています。

エドヴァルド・ムンクは、19世紀~20世紀のノルウェー出身の画家。『叫び』の作者として有名で、ノルウェーでは国民的な画家である。現行の1000ノルウェー・クローネの紙幣にも彼の肖像が描かれている。生と死の問題、そして、人間存在の根幹に存在する、孤独、嫉妬、不安などを見つめ、人物画に表現した。表現主義的な作風の画家として知られる。また、数多くの浮名を流したことでも知られ、恋を「昔の人が愛を炎に例えたのは正しい。愛は炎と同じように山ほどの灰を残すだけだからね」と語っている。
おもに1890年代に制作した『叫び』、『接吻』、『吸血鬼』、『マドンナ』、『灰』などの一連の作品を、ムンクは「フリーズ・オブ・ライフ」(生命のフリーズ)と称し、連作と位置付けている。「フリーズ」とは、西洋の古典様式建築の柱列の上方にある横長の帯状装飾部分のことで、ここでは「シリーズ」に近い意味で使われている。これらの作品に共通するテーマは「愛」「死」そして愛と死がもたらす「不安」である。」と記載されています。

dance.jpg
M0024.jpg
M0032.jpg
M0044.jpg
M0068.jpg
M0308.jpg
M0447.jpg
M0490.jpg
M0679.jpg




nice!(27)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

アメデオ・クレメンテ・モディリアーニ [画家]

aaPortraits of Jeanne_Amadeo_Modigliani_027.jpg

2010年1月フランス旅行時にオランジュリー美術館でお目にかかった画家アメデオ・クレメンテ・モディリアーニの作品を独断と偏見ですが代表作と思われる数点をインターネット・・・で収集しましたのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「オランジュリー美術館は、フランスのパリにある印象派とポスト印象派の美術館である。

アメデオ・クレメンテ・モディリアーニは、20世紀初頭に活動した画家・彫刻家で、イタリア出身だが、渡仏し、おもにパリで制作活動を行った。

1884年、イタリア・トスカーナ地方のリヴォルノに生まれた、セファルディ・ユダヤ系のイタリア人である。芸術家の集うモンパルナスで活躍し、エコール・ド・パリ(パリ派)の画家の一人に数えられる。
モディリアーニはヴェネツィアで美術学校に通った後、1906年にパリへ移住した。1907年と1912年にはサロン・ドートンヌ、1908年、1910年、1911年の各年にはアンデパンダン展に出品している。
1917年にはベルト・ヴァイル画廊にて、生前唯一の個展を開催したが、裸婦画を出展したのが元で大騒ぎとなり、一日で裸婦画を撤去する事態となった。同じ年、後に妻となり、裸婦像などの絵画モデルを務めた画学生ジャンヌ・エビュテルヌと知り合っている。貧困と持病の肺結核に苦しみ、大量の飲酒、薬物依存などの不摂生の末、1920年1月24日に結核性髄膜炎により35歳で没した。」と記載されています。

Amadeo_Modigliani_005.jpg
Landscapes_Modigiliani_amadeo_18.jpg
Portraits of Jeanne_Amadeo_Modigliani_002.jpg
Portraits of Jeanne_Amadeo_Modigliani_009.jpg
Portraits of Jeanne_Modigliani_amadeo12345.jpg
Reclining Nude (1919)_Amadeo_Modigliani_001.jpg
Reclining Nude (1919)_Amadeo_Modigliani_012.jpg
Reclining Nude (1919)_Amadeo_Modigliani_060.jpg
Reclining Nude (1919)_Amadeo_Modigliani_063.jpg
Reclining Nude (1919)Amadeo_Modigliani_014.jpg
V_Amadeo_Modigliani_024.jpg


nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

エドゥアール・マネ [画家]

草上の昼食
00 草上の昼食769px-Edouard_Manet_024.jpg

2010年1月フランス旅行のオルセー美術館のお気に入り画家エドゥアール・マネの代表作’草上の昼食’と代表的と思われる作品を図書館、インターネット・・・を利用して収集しましたのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「オルセー美術館 は、フランスのパリにある、19世紀美術専門の美術館である。印象派の画家の作品が数多く収蔵されていることで有名。

エドゥアール・マネ 1832年1月23日 - 1883年4月30日)は、19世紀のフランスの画家。
ギュスターヴ・クールベと並び、西洋近代絵画史の冒頭を飾る画家の一人である。マネは1860年代後半、パリ、バティニョール街の「カフェ・ゲルボワ」に集まって芸術論を戦わせ、後に「印象派」となる画家グループの中心的存在であった。『草上の昼食』と『オランピア』はいずれも激しいスキャンダルを巻き起こした作品として知られる。『草上の昼食』では、戸外にいる正装の男性と裸体の女性を描いたことから、不道徳であるとして物議をかもした。また、『オランピア』に描かれた裸体の女性は、部屋の雰囲気や道具立てなどから、明かに当時のフランスの娼婦であることがわかり、それが当時の人々の反感を買った。」と記載されています。

オランピア
01 オランピア800px-Edouard_Manet_038.jpg
アルジャントゥイユ
アルジャントゥイユ452px-Edouard_Manet_003.jpg
テュイルリーの音楽会
テュイルリーの音楽会800px-Edouard_Manet_Music_in_the_Tuileries_1862.jpg
ナナ
ナナ451px-Edouard_Manet_037.jpg
バルコニー
バルコニー427px-Edouard_Manet_016.jpg
フォリー=ベルジェールのバー
フォリー=ベルジェールのバー800px-Edouard_Manet_004.jpg
ベルト・モリゾの肖像
ベルト・モリゾの肖像428px-Edouard_Manet_040.jpg
マクシミリアンの処刑
マクシミリアンの処刑708px-Edouard_Manet_022.jpg
ラテュイユ親父の店にて
ラテュイユ親父の店にてEdouard_Manet_031.jpg
笛を吹く少年
笛を吹く少年_349px-Manet%2C_Edouard_-_Young_Flautist%2C_or_The_Fifer%2C_1866_%282%29.jpg


nice!(27)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

クロード・モネ [画家]

日傘を差す女(モネ夫人)_478px-Claude_Monet_011.jpg

2010年1月フランス旅行時に訪れたオランジュリー美術館のお馴染の画家クロード・モネの作品を図書館、インターネット・・・を利用して収集しましたのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「オランジュリー美術館は、オランジュリー美術館はフランスのパリにある印象派とポスト印象派の美術館である。

クロード・モネ(1840年11月14日 - 1926年12月5日)は印象派を代表するフランスの画家。「光の画家」の別称があり、時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化を生涯にわたり追求した画家であった。モネは印象派グループの画家のなかではもっとも長生きし、20世紀に入っても『睡蓮』の連作をはじめ多数の作品を残している。」と記載されています。

キャピュシーヌ大通り441px-Claude_Monet_008.jpg
サン・ラザール駅739px-Claude_Monet_004.jpg
ルーアン大聖堂407px-Claude_Monet_033.jpg
印象・日の出 _780px-Claude_Monet%2C_Impression%2C_soleil_levant%2C_1872.jpg
睡蓮800px-Claude_Monet_044.jpg
睡蓮 1906 シカゴ美術館625px-Claude_Monet_-_Water_Lilies.jpg
睡蓮 1907 ブリヂストン美術館437px-Claude_Monet.jpg
睡蓮 1915 ミュンヘン、ノイエ・ピナコテークNympheas_71293_3.jpg
睡蓮 1920 - 26 オランジュリー美術館800px-Claude_Monet_038.jpg
睡蓮の池と日本の橋Claude_Monet-Waterlilies.jpg
積みわら、夏の終わり800px-Wheatstacks.jpg
積みわら、霜の朝800px-Claude_Monet_-_White_Frost%2C_Sunrise.jpg
積みわら、日没、雪の効果800px-1278.jpg


nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

アルノルト・ベックリン(2) [画家]

2010年1月フランス旅行時のルーヴル美術館でお目にかかった画家アルノルト・ベックリンの作品を独断と偏見ですが代表作と思われる数点を直接撮影、インターネット等で収集しましたのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「ルーヴル美術館は、パリにあるフランスの国立博物館である。
メトロポリタン美術館(アメリカ合衆国ニューヨーク)などと並んで世界最大級の美術館の1つであるとともに、アシュモリアン美術館(1683年)や、ドレスデン美術館(1744年)、バチカン美術館(1784年)と並んで、ヨーロッパで最も古い美術館の1つに数えられる。世界遺産パリのセーヌ河岸に包括登録されている。初代館長はナポレオンの外交官であったヴィヴァン・ドゥノン。世界的に有名な絵画・彫刻を多数所蔵している。

ベックリンは1827年スイスのバーゼルで生まれたが、青年期以降はヨーロッパ各地を転々とし、生涯の大部分をドイツおよびイタリアで過ごしている。
19世紀末のヨーロッパの美術界はフランス印象派の全盛期であったが、戸外にキャンバスを持ち出し、外光の下で身近な風景を描き出した印象派の画家たちとは対照的に、文学、神話、聖書などを題材に、想像の世界を画面に表そうとする象徴主義の画家たちも同時代に活動していた。ベックリンはこうした象徴主義・世紀末芸術の代表的画家の1人である。」と記載されています。

Image10.jpg
Image11.jpg
Image12.jpg
Image13.jpg
Imagea.jpg
Imageb.jpg
Imagec.jpg
Imaged.jpg
Imagee.jpg





nice!(66)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。