So-net無料ブログ作成
福井県 ブログトップ

福井県:丸岡城 [福井県]



織田信長の家臣、柴田勝家に係わりのある丸岡城の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「丸岡城(まるおかじょう)は、福井県坂井市丸岡町霞にあった城である。江戸時代には丸岡藩の藩庁となった。
丸岡城は、福井平野丸岡市街地の東に位置する小高い独立した丘陵に築かれた平山城である。近世に、山麓部分が増築され、周囲に五角形の内堀が廻らされていた。
天守が現存する日本国内12箇所の城郭の一つで(現存天守)ある。城跡に、現存する建築は天守のみで、国の重要文化財に指定されている。
織田信長の家臣で、越前ほぼ一帯を領していた柴田勝家の甥である勝豊により築城され、後に関ヶ原の戦の勝者徳川家康の次男・結城秀康が入封し、丸岡城には秀康家臣の今村盛次が2万6千石を与えられ入城した。 その後、有馬氏丸岡藩6代の居城となり明治維新を迎えた。」と記載されています。

aaDSC02810.JPG
DSC02807.JPG
DSC02812.JPG
DSC02813.JPG
DSC02814.JPG
DSC02817.JPG
DSC02819.JPG
DSC02820.JPG
DSC02821.JPG
DSC02823.JPG
DSC02824.JPG
DSC02835.JPG

丸岡城天守:Wikipediaからの抜粋
丸岡城天守.jpg


nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

福井県:東尋坊 [福井県]



福井県の観光名所の一つ東尋坊の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「東尋坊(とうじんぼう)は、福井県坂井市三国町安島に位置する崖。越前加賀海岸国定公園に属する。
海食によって海岸の岩肌が削られ、高さ約25mの岩壁が続く。この岩は輝石安山岩の柱状節理でこれほどの規模を持つものは世界に三箇所だけであり地質上極めて貴重とされ、国の天然記念物及び名勝指定を受けている。地名の由来は、乱暴あるいは恋愛関係で恨みを買って此処から突き落とされた平泉寺(勝山市)の僧の名前による。東尋坊は、今から約1,200 - 1,300万年前の新生代第三紀中新世に起こった火山活動で、マグマが堆積岩層中に貫入して冷え固まってできた火山岩が、日本海の波による侵食を受け地上に現れたものとされている。」と記載されています。

DSC02672.JPG
DSC02673.JPG
DSC02677.JPG
DSC02681.JPG
DSC02685.JPG
DSC02692.JPG
DSC02693.JPG

三段岩:Wikipediaからの抜粋
三段岩.jpg

蝋燭岩:Wikipediaからの抜粋
蝋燭岩.jpg

屏風岩:Wikipediaからの抜粋
屏風岩.jpg


nice!(27)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

福井県:永平寺の内部 [福井県]

aaDSC02753.JPG

永平寺の由来は中国に初めて仏法が伝来した後漢明帝のときの元号「永平」からであり、意味は「永久の和平」である。

Wikipediaからの抜粋ですが「永平寺(えいへいじ)は、福井県吉田郡永平寺町にある曹洞宗大本山の寺院である。山号を吉祥山と称する。開山は道元、本尊は釈迦如来・弥勒仏・阿弥陀如来の三世仏である。總持寺とならんで日本曹洞宗の中心寺院(大本山)である。
建保5年(1217年)、建仁寺に入り、栄西の直弟子である明全(1184-1225)に師事した。しかし、ここでも道元の疑問に対する答えは得られず、真の仏法を学ぶには中国(宋)で学ぶしかないと道元は考えた。師の明全も同じ考えであり、彼ら2人は師弟ともども貞応2年(1223年)に渡宋する。
日本へ戻った道元ははじめ建仁寺に住し、のちには深草(京都市伏見区)に興聖寺を建立して説法と著述に励んだが、旧仏教勢力の比叡山からの激しい迫害に遭う。
道元は信徒の1人であった越前国(福井県)の土豪・波多野義重の請いにより、興聖寺を去って、義重の領地のある越前国志比庄に向かうことになる。寛元元年(1243年)のことであった。
当初、義重は道元を吉峰寺へ招いた。この寺は白山信仰に関連する天台寺院で、現在の永平寺より奥まった雪深い山中にあり、道元はここでひと冬を過ごすが、翌寛元2年(1244年)には吉峰寺よりも里に近い土地に傘松峰大佛寺(さんしょうほうだいぶつじ)を建立する。これが永平寺の開創であり、寛元4年(1246年)に山号寺号を吉祥山永平寺と改めている。」と記載されています。

DSC02719.JPG
DSC02724.JPG
DSC02726.JPG
DSC02732.JPG
DSC02733.JPG
DSC02735.JPG
DSC02738.JPG
DSC02740.JPG
DSC02741.JPG
DSC02746.JPG
DSC02749.JPG
DSC02750.JPG
DSC02787.JPG


nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

福井県:丸岡城 [福井県]



2009年12月上旬撮影、織田信長の家臣、柴田勝家に係わりのある丸岡城の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「丸岡城(まるおかじょう)は、福井県坂井市丸岡町霞にあった城である。江戸時代には丸岡藩の藩庁となった。
丸岡城は、福井平野丸岡市街地の東に位置する小高い独立した丘陵に築かれた平山城である。近世に、山麓部分が増築され、周囲に五角形の内堀が廻らされていた。
天守が現存する日本国内12箇所の城郭の一つで(現存天守)ある。城跡に、現存する建築は天守のみで、国の重要文化財に指定されている。
織田信長の家臣で、越前ほぼ一帯を領していた柴田勝家の甥である勝豊により築城され、後に関ヶ原の戦の勝者徳川家康の次男・結城秀康が入封し、丸岡城には秀康家臣の今村盛次が2万6千石を与えられ入城した。 その後、有馬氏丸岡藩6代の居城となり明治維新を迎えた。」と記載されています。

aaDSC02810.JPG
DSC02807.JPG
DSC02812.JPG
DSC02813.JPG
DSC02814.JPG
DSC02817.JPG
DSC02819.JPG
DSC02820.JPG
DSC02821.JPG
DSC02823.JPG
DSC02824.JPG
DSC02835.JPG

丸岡城天守:Wikipediaからの抜粋
丸岡城天守.jpg

投稿済み関連映像
「福井県:東尋坊」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-16-2
「富山県高岡市:瑞龍寺の内部」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-15-2
「石川県:那谷寺の外観」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-15-1
「富山県高岡市:瑞龍寺の外観」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-15
「石川県:那谷寺の三重塔」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-14
「福井県:永平寺の内部」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-11
「福井県:永平寺の伽藍」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-10
「福井県:永平寺の天井画」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-01


nice!(149)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

福井県:東尋坊 [福井県]



2009年12月上旬撮影、福井県の観光名所の一つ東尋坊の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「東尋坊(とうじんぼう)は、福井県坂井市三国町安島に位置する崖。越前加賀海岸国定公園に属する。
海食によって海岸の岩肌が削られ、高さ約25mの岩壁が続く。この岩は輝石安山岩の柱状節理でこれほどの規模を持つものは世界に三箇所だけであり地質上極めて貴重とされ、国の天然記念物及び名勝指定を受けている。地名の由来は、乱暴あるいは恋愛関係で恨みを買って此処から突き落とされた平泉寺(勝山市)の僧の名前による。東尋坊は、今から約1,200 - 1,300万年前の新生代第三紀中新世に起こった火山活動で、マグマが堆積岩層中に貫入して冷え固まってできた火山岩が、日本海の波による侵食を受け地上に現れたものとされている。」と記載されています。

DSC02672.JPG
DSC02673.JPG
DSC02677.JPG
DSC02681.JPG
DSC02685.JPG
DSC02692.JPG
DSC02693.JPG

三段岩:Wikipediaからの抜粋
三段岩.jpg

蝋燭岩:Wikipediaからの抜粋
蝋燭岩.jpg

屏風岩:Wikipediaからの抜粋
屏風岩.jpg

投稿済み関連映像
「富山県高岡市:瑞龍寺の内部」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-15-2
「石川県:那谷寺の外観」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-15-1
「富山県高岡市:瑞龍寺の外観」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-15
「石川県:那谷寺の三重塔」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-14
「福井県:永平寺の内部」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-11
「福井県:永平寺の伽藍」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-10
「福井県:永平寺の天井画」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-01



nice!(148)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

福井県:永平寺の内部 [福井県]

aaDSC02753.JPG

2009年12月上旬撮影、永平寺の由来は中国に初めて仏法が伝来した後漢明帝のときの元号「永平」からであり、意味は「永久の和平」である。

Wikipediaからの抜粋ですが「永平寺(えいへいじ)は、福井県吉田郡永平寺町にある曹洞宗大本山の寺院である。山号を吉祥山と称する。開山は道元、本尊は釈迦如来・弥勒仏・阿弥陀如来の三世仏である。總持寺とならんで日本曹洞宗の中心寺院(大本山)である。
建保5年(1217年)、建仁寺に入り、栄西の直弟子である明全(1184-1225)に師事した。しかし、ここでも道元の疑問に対する答えは得られず、真の仏法を学ぶには中国(宋)で学ぶしかないと道元は考えた。師の明全も同じ考えであり、彼ら2人は師弟ともども貞応2年(1223年)に渡宋する。
日本へ戻った道元ははじめ建仁寺に住し、のちには深草(京都市伏見区)に興聖寺を建立して説法と著述に励んだが、旧仏教勢力の比叡山からの激しい迫害に遭う。
道元は信徒の1人であった越前国(福井県)の土豪・波多野義重の請いにより、興聖寺を去って、義重の領地のある越前国志比庄に向かうことになる。寛元元年(1243年)のことであった。
当初、義重は道元を吉峰寺へ招いた。この寺は白山信仰に関連する天台寺院で、現在の永平寺より奥まった雪深い山中にあり、道元はここでひと冬を過ごすが、翌寛元2年(1244年)には吉峰寺よりも里に近い土地に傘松峰大佛寺(さんしょうほうだいぶつじ)を建立する。これが永平寺の開創であり、寛元4年(1246年)に山号寺号を吉祥山永平寺と改めている。」と記載されています。

DSC02719.JPG
DSC02724.JPG
DSC02726.JPG
DSC02732.JPG
DSC02733.JPG
DSC02735.JPG
DSC02738.JPG
DSC02740.JPG
DSC02741.JPG
DSC02746.JPG
DSC02749.JPG
DSC02750.JPG
DSC02787.JPG

投稿済み大津市関連映像
「福井県:永平寺の伽藍」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-012010-01-10
「福井県:永平寺の天井画」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-01

nice!(280)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

福井県:永平寺の伽藍 [福井県]



2009年12月上旬撮影、永平寺の由来は中国に初めて仏法が伝来した後漢明帝のときの元号「永平」からであり、意味は「永久の和平」である。

Wikipediaからの抜粋ですが「永平寺(えいへいじ)は、福井県吉田郡永平寺町にある曹洞宗大本山の寺院である。山号を吉祥山と称する。開山は道元、本尊は釈迦如来・弥勒仏・阿弥陀如来の三世仏である。總持寺とならんで日本曹洞宗の中心寺院(大本山)である。
建保5年(1217年)、建仁寺に入り、栄西の直弟子である明全(1184-1225)に師事した。しかし、ここでも道元の疑問に対する答えは得られず、真の仏法を学ぶには中国(宋)で学ぶしかないと道元は考えた。師の明全も同じ考えであり、彼ら2人は師弟ともども貞応2年(1223年)に渡宋する。
日本へ戻った道元ははじめ建仁寺に住し、のちには深草(京都市伏見区)に興聖寺を建立して説法と著述に励んだが、旧仏教勢力の比叡山からの激しい迫害に遭う。
道元は信徒の1人であった越前国(福井県)の土豪・波多野義重の請いにより、興聖寺を去って、義重の領地のある越前国志比庄に向かうことになる。寛元元年(1243年)のことであった。
当初、義重は道元を吉峰寺へ招いた。この寺は白山信仰に関連する天台寺院で、現在の永平寺より奥まった雪深い山中にあり、道元はここでひと冬を過ごすが、翌寛元2年(1244年)には吉峰寺よりも里に近い土地に傘松峰大佛寺(さんしょうほうだいぶつじ)を建立する。これが永平寺の開創であり、寛元4年(1246年)に山号寺号を吉祥山永平寺と改めている。」と記載されています。

DSC02694永平寺.JPG
DSC02728.JPG
DSC02729.JPG
DSC02773.JPG
DSC02779.JPG
DSC02794.JPG
DSC02795.JPG
DSC02798.JPG
一文字廊と仏殿.jpg
鐘楼堂.jpg
僧堂.jpg
大庫院.jpg
中雀門.jpg
勅使門(唐門).jpg
仏殿.jpg
報恩塔.jpg

投稿済み大津市関連映像
「福井県:永平寺の天井画」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-01
nice!(286)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

福井県:永平寺の天井画 [福井県]



2009年12月上旬撮影、永平寺の由来は中国に初めて仏法が伝来した後漢明帝のときの元号「永平」からであり、意味は「永久の和平」である永平寺を撮ってきました。

今回は「傘松閣(さんしょうかく) - 昭和5年(1930年)の建築。222畳敷きの大広間があり、天井画は川合玉堂、伊東深水など計144名の画家によって描かれた。」この映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「永平寺(えいへいじ)は、福井県吉田郡永平寺町にある曹洞宗大本山の寺院である。山号を吉祥山と称する。開山は道元、本尊は釈迦如来・弥勒仏・阿弥陀如来の三世仏である。總持寺とならんで日本曹洞宗の中心寺院(大本山)である。
建保5年(1217年)、建仁寺に入り、栄西の直弟子である明全(1184-1225)に師事した。しかし、ここでも道元の疑問に対する答えは得られず、真の仏法を学ぶには中国(宋)で学ぶしかないと道元は考えた。師の明全も同じ考えであり、彼ら2人は師弟ともども貞応2年(1223年)に渡宋する。
日本へ戻った道元ははじめ建仁寺に住し、のちには深草(京都市伏見区)に興聖寺を建立して説法と著述に励んだが、旧仏教勢力の比叡山からの激しい迫害に遭う。道元は信徒の1人であった越前国(福井県)の土豪・波多野義重の請いにより、興聖寺を去って、義重の領地のある越前国志比庄に向かうことになる。寛元元年1243年)のことであった。
当初、義重は道元を吉峰寺へ招いた。この寺は白山信仰に関連する天台寺院で、現在の永平寺より奥まった雪深い山中にあり、道元はここでひと冬を過ごすが、翌寛元2年(1244年)には吉峰寺よりも里に近い土地に傘松峰大佛寺(さんしょうほうだいぶつじ)を建立する。これが永平寺の開創であり、寛元4年(1246年)に山号寺号を吉祥山永平寺と改めている。」と記載されています。

DSC02717.JPG
DSC02718.JPG
DSC02722.JPG
DSC02706.JPG
DSC02707.JPG
DSC02708.JPG
DSC02710.JPG
DSC02711.JPG
DSC02712.JPG
DSC02713.JPG
DSC02714.JPG
DSC02715.JPG
DSC02716.JPG
xx1DSC02709.JPG
xx2DSC02709.JPG
xxDSC02709.JPG

nice!(279)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
福井県 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。