So-net無料ブログ作成
尾瀬国立公園 ブログトップ

尾瀬国立公園:三条の滝 [尾瀬国立公園]

aaRIMG0158.JPG

日本の滝百選に選ばれている尾瀬国立公園の三条の滝をかなり高い場所にある展望台から眺めの映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「三条の滝(さんじょうのたき)とは、尾瀬を源流とし、尾瀬ヶ原から流れ落ちる只見川の上流にある滝である。水量が減ってくると三筋に分かれるのが名前の由来とされる。新潟県と福島県の県境に位置し、日本の滝百選に選ばれている。落差100m、幅30m(諸説あり)の直瀑で規模としては日本最大級。水量の多い時は豪快な景色を見る事ができる。
近年旧展望台の下に新展望台が設置され、かなり近くまで寄れる様になったため、障害物がなく滝の全容を見る事ができる様になった。また、少し上流には、毛色の違う平滑の滝があり、こちらもまた、別の意味で見応えがある。」と記載されています。

P1020661.JPG
P1020663.JPG
RIMG0161.JPG
RIMG0162.JPG
RIMG0163.JPG
RIMG0165.JPG

三条の滝:Wikipediaからの抜粋
三条の滝.jpg


nice!(45)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

尾瀬国立公園:平滑の滝 [尾瀬国立公園]



尾瀬国立公園の平滑の滝は、尾瀬ヶ原の一番東の端から北に向けて新潟県と福島県の境を流れる只見川にある滝です。広大な岩盤の上を斜めに下る水の流れをかなり高い場所にある展望台から眺めの映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「尾瀬尾瀬国立公園は、福島県・新潟県・栃木県・群馬県の4県にまたがる高地にある盆地状の高原であり、阿賀野川水系最大の支流只見川の源流域となっている。中心となる尾瀬ヶ原は約 1万年前に形成されたと考えられる、日本を代表する高標高地の湿原であり、その大部分は高層湿原であるた、日本最大の高層湿原でもある。尾瀬ヶ原のほか、尾瀬沼や至仏山、燧ヶ岳等が含まれる国立公園特別保護地域が「尾瀬」地域であると考えられるが、広義では登山口の大清水や御池あたりまで尾瀬とされることもある。歩道以外への立ち入りが厳しく制限され、ごみ持ち帰り運動の発祥地であるなど、日本の自然・環境保護運動の象徴でもある。
平成19年(2007年)8月30日、本州最大の湿原を持つ尾瀬は、オオシラビソ林や山地湿原など優れた自然環境を有する会津駒ヶ岳と田代山・帝釈山の周辺地域を国立公園区域として編入し、新たな一つの国立公園、「尾瀬国立公園」として指定されました。」と記載されています。

aaIMGA0154.JPG
IMGA0155.JPG
IMGA0156.JPG
P1020647.JPG
P1020648.JPG
P1020651.JPG
P1020652.JPG

一枚岩の上を流れる平滑ノ滝:Wikipediaからの抜粋
一枚岩の上を流れる平滑ノ滝.jpg


nice!(45)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

尾瀬の散策:水と逆さ映像 [尾瀬国立公園]


P1010088.JPG

2006年6月上旬撮影、尾瀬には、3回訪れましたがその時々の水面に映った映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「尾瀬尾瀬国立公園は、福島県・新潟県・栃木県・群馬県の4県にまたがる高地にある盆地状の高原であり、阿賀野川水系最大の支流只見川の源流域となっている。中心となる尾瀬ヶ原は約 1万年前に形成されたと考えられる、日本を代表する高標高地の湿原であり、その大部分は高層湿原であるた、日本最大の高層湿原でもある。尾瀬ヶ原のほか、尾瀬沼や至仏山、燧ヶ岳等が含まれる国立公園特別保護地域が「尾瀬」地域であると考えられるが、広義では登山口の大清水や御池あたりまで尾瀬とされることもある。歩道以外への立ち入りが厳しく制限され、ごみ持ち帰り運動の発祥地であるなど、日本の自然・環境保護運動の象徴でもある。
平成19年(2007年)8月30日、本州最大の湿原を持つ尾瀬は、オオシラビソ林や山地湿原など優れた自然環境を有する会津駒ヶ岳と田代山・帝釈山の周辺地域を国立公園区域として編入し、新たな一つの国立公園、「尾瀬国立公園」として指定されました。」と記載されています。」と記載されています。

P1010083.JPG
P1010089.JPG
P1010091.JPG
P6050048.JPG
P6050056.JPG
P6050062.JPG
P6050063.JPG
P6050065.JPG
P6050133.JPG
P6050151.JPG
RIMG0017.JPG
RIMG0018.JPG
RIMG0020.JPG
RIMG0056.JPG
RIMG0123.JPG
RIMG0128.JPG


   
nice!(294)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

尾瀬国立公園:三条の滝 [尾瀬国立公園]



2006年6月上旬撮影、日本の滝百選に選ばれている尾瀬国立公園の三条の滝をかなり高い場所にある展望台から眺めの映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「三条の滝(さんじょうのたき)とは、尾瀬を源流とし、尾瀬ヶ原から流れ落ちる只見川の上流にある滝である。水量が減ってくると三筋に分かれるのが名前の由来とされる。新潟県と福島県の県境に位置し、日本の滝百選に選ばれている。落差100m、幅30m(諸説あり)の直瀑で規模としては日本最大級。水量の多い時は豪快な景色を見る事ができる。
近年旧展望台の下に新展望台が設置され、かなり近くまで寄れる様になったため、障害物がなく滝の全容を見る事ができる様になった。また、少し上流には、毛色の違う平滑の滝があり、こちらもまた、別の意味で見応えがある。」と記載されています。

aaRIMG0158.JPG
P1020661.JPG
P1020663.JPG
RIMG0161.JPG
RIMG0162.JPG
RIMG0163.JPG
RIMG0165.JPG

三条の滝:Wikipediaからの抜粋
三条の滝.jpg

投稿済みの尾瀬国立公園映像

「尾瀬国立公園:平滑の滝」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-08-19
「尾瀬国立公園:水芭蕉」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-08-16

nice!(255)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

尾瀬国立公園:平滑の滝 [尾瀬国立公園]



2006年6月上旬撮影、尾瀬国立公園の平滑の滝は、尾瀬ヶ原の一番東の端から北に向けて新潟県と福島県の境を流れる只見川にある滝です。広大な岩盤の上を斜めに下る水の流れをかなり高い場所にある展望台から眺めの映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「尾瀬尾瀬国立公園は、福島県・新潟県・栃木県・群馬県の4県にまたがる高地にある盆地状の高原であり、阿賀野川水系最大の支流只見川の源流域となっている。中心となる尾瀬ヶ原は約 1万年前に形成されたと考えられる、日本を代表する高標高地の湿原であり、その大部分は高層湿原であるた、日本最大の高層湿原でもある。尾瀬ヶ原のほか、尾瀬沼や至仏山、燧ヶ岳等が含まれる国立公園特別保護地域が「尾瀬」地域であると考えられるが、広義では登山口の大清水や御池あたりまで尾瀬とされることもある。歩道以外への立ち入りが厳しく制限され、ごみ持ち帰り運動の発祥地であるなど、日本の自然・環境保護運動の象徴でもある。
平成19年(2007年)8月30日、本州最大の湿原を持つ尾瀬は、オオシラビソ林や山地湿原など優れた自然環境を有する会津駒ヶ岳と田代山・帝釈山の周辺地域を国立公園区域として編入し、新たな一つの国立公園、「尾瀬国立公園」として指定されました。」と記載されています。

aaIMGA0154.JPG
IMGA0155.JPG
IMGA0156.JPG
P1020647.JPG
P1020648.JPG
P1020651.JPG
P1020652.JPG

一枚岩の上を流れる平滑ノ滝:Wikipediaからの抜粋
一枚岩の上を流れる平滑ノ滝.jpg

投稿済みの尾瀬国立公園映像
「尾瀬の水芭蕉」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-08-16
nice!(319)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
尾瀬国立公園 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。