So-net無料ブログ作成
検索選択
岡山県 ブログトップ

岡山市:吉備津神社 [岡山県]

aaDsc04822.jpg

桃太郎のモデルになったと言われる吉備津彦命を祀る神社の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「吉備津神社(きびつじんじゃ)は、岡山県岡山市北区にある神社である。式内社(名神大)、備中国一宮で、旧社格は官幣中社。備中国と備前国の境にある吉備中山の麓に鎮座する。元々は吉備国の一宮であったが、吉備国が三国に分割されたときには備中国の一宮となり、備前国・備後国に分霊が勧請されて各国の一宮となっている。備前国一宮の吉備津彦神社は同じ吉備中山の麓にある。

社伝によれば、吉備津彦は吉備中山の麓に茅葺宮を造って住み、281歳で亡くなって中山山頂に葬られた。吉備津彦の5代の子孫の加夜臣奈留美命が茅葺宮に社殿を造営して吉備津彦を祀ったのが当社の始まりと伝える。現在ある比翼入母屋造の社殿は足利義満が造営したもので、国宝になっている。」と記載されています。

Dsc04806.jpg
Dsc04808.jpg
Dsc04823.jpg
Dsc04828.jpg
Dsc04836.jpg
Dsc04838.jpg
Dsc04842.jpg
Dsc04845.jpg

回廊:Wikipediaからの抜粋
回廊.jpg

境内:Wikipediaからの抜粋
境内.jpg



nice!(44)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

岡山市:後楽園(2) [岡山県]

aaDsc04711.jpg

日本三名園のひとつ岡山後楽園の映像を三分割して投稿しますのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「後楽園(こうらくえん)は岡山県岡山市北区後楽園1-5にある日本庭園(大名庭園)で日本三名園のひとつである。江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されている。後楽園は岡山藩主・池田綱政が岡山郡代官・津田永忠に命じて造らせたもので、1687年(貞享4年)に着工し14年の歳月をかけ1700年(元禄13年)に完成した。岡山市内を流れる旭川をはさみ、岡山城の対岸の中州に位置する。藩主が賓客をもてなした建物・延養亭(えんようてい)を中心とした池泉回遊式の庭園で岡山城や周辺の山を借景としている。江戸時代には延養亭を茶屋屋敷、庭園を後園または御後園と呼んでいた。1871年(明治4年)、園内を一般開放するにあたって、これを後楽園と改めた。」と記載されています。

aaDsc04711.jpg
Dsc04692.jpg
Dsc04699.jpg
Dsc04701.jpg
Dsc04703.jpg
Dsc04706.jpg
Dsc04707.jpg
Dsc04718.jpg
Dsc04721.jpg
Dsc04724.jpg

『幻想庭園』:Wikipediaからの抜粋
『幻想庭園』.jpg

池田綱政:Wikipediaからの抜粋
池田綱政.jpg


nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

岡山県:後楽園(1) [岡山県]

aaDSC04677.JPG

日本三名園のひとつ岡山後楽園の映像を三分割して投稿しますのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「後楽園(こうらくえん)は岡山県岡山市北区後楽園1-5にある日本庭園(大名庭園)で日本三名園のひとつである。江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されている。
後楽園は岡山藩主・池田綱政が岡山郡代官・津田永忠に命じて造らせたもので、1687年(貞享4年)に着工し14年の歳月をかけ1700年(元禄13年)に完成した。岡山市内を流れる旭川をはさみ、岡山城の対岸の中州に位置する。藩主が賓客をもてなした建物・延養亭(えんようてい)を中心とした池泉回遊式の庭園で岡山城や周辺の山を借景としている。江戸時代には延養亭を茶屋屋敷、庭園を後園または御後園と呼んでいた。1871年(明治4年)、園内を一般開放するにあたって、これを後楽園と改めた。」と記載されています。

Dsc04663.jpg
Dsc04666.jpg
Dsc04669.jpg
Dsc04670.jpg
Dsc04672.jpg
Dsc04676.jpg
Dsc04682.jpg
Dsc04686.jpg
Dsc04689.jpg
Dsc04691.jpg
Dsc04698.jpg
Dsc04705.jpg

1907年(明治40年)頃の後楽園:Wikipediaからの抜粋
1907年(明治40年)頃の後楽園.jpg

唯心山から沢の池を望む:Wikipediaからの抜粋
唯心山から沢の池を望む.jpg

流店:Wikipediaからの抜粋
流店.jpg



nice!(56)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

岡山城 [岡山県]

aaDsc04627.jpg

別名・烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)で国指定の史跡になっている岡山城の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「戦国時代に、備前西部から美作、備中に勢力を伸ばした宇喜多氏が本拠としたことで近世城郭の基礎が生まれ、その後小早川氏、両池田氏により整備、拡張が行われた。岡山城は標高が十数メートルの丘が連なる小高い土地に建設された。 その丘のうち「岡山」に本丸が設けられたことで、城名そして城下町の名の元になった。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで西軍の主力となった宇喜多秀家は八丈島に流刑となり、宇喜多家は改易となった。代わって小早川秀秋が備前・美作52万石の領主として入城した。秀秋は2年後の慶長7年(1602年)10月に岡山で急死し、嗣子がなく小早川家は断絶した。慶長8年、備前28万石は姫路城主池田輝政の次男忠継に与えられ,以後、幕末まで光政系池田氏の居城となる。」と記載されています。

Dsc04597.jpg
Dsc04600.jpg
Dsc04608.jpg
Dsc04633.jpg
Dsc04637.jpg
Dsc04644.jpg
Dsc04650.jpg
Dsc04651.jpg
Dsc04654.jpg
Dsc04659.jpg
Dsc04714.jpg
Dsc04770.jpg

岡山城再建天守:Wikipediaからの抜粋
岡山城再建天守.jpg

月見櫓(国の重要文化財):Wikipediaからの抜粋
月見櫓(国の重要文化財).jpg

不明門:Wikipediaからの抜粋
不明門.jpg

廊下門:Wikipediaからの抜粋
廊下門.jpg





nice!(46)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

岡山県:西大寺 [岡山県]

aaDsc04997.jpg

日本三大奇祭のひとつ、会陽(裸祭り)が有名でな西大寺をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「西大寺は、岡山県岡山市東区西大寺にある寺院。山号は金陵山。観音院と普門坊円満院が現存する。観音院は高野山真言宗別格本山の寺院。本尊は千手観世音菩薩。中国観音霊場の第一番札所である。日本三大奇祭のひとつ、会陽(裸祭り)が有名である。平安時代、犀角は邪気を払うとされ、部屋の隅に祀り魔除とした。」と記載されています。

Dsc04960.jpg
Dsc04961.jpg
Dsc04967.jpg
Dsc04980.jpg
Dsc04983.jpg
Dsc04988.jpg
Dsc04991.jpg
Dsc04996.jpg
Dsc04998.jpg
Dsc04999.jpg

会陽(えよう)-裸祭:HPよりの抜粋
会陽(えよう):裸祭.jpg

絵馬 会陽の図:HPよりの抜粋
絵馬 会陽の図.jpg

nice!(41)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

岡山市:吉備津神社 [岡山県]



2009年4月上旬撮影、桃太郎のモデルになったと言われる吉備津彦命を祀る神社の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「吉備津神社(きびつじんじゃ)は、岡山県岡山市北区にある神社である。式内社(名神大)、備中国一宮で、旧社格は官幣中社。備中国と備前国の境にある吉備中山の麓に鎮座する。元々は吉備国の一宮であったが、吉備国が三国に分割されたときには備中国の一宮となり、備前国・備後国に分霊が勧請されて各国の一宮となっている。備前国一宮の吉備津彦神社は同じ吉備中山の麓にある。

社伝によれば、吉備津彦は吉備中山の麓に茅葺宮を造って住み、281歳で亡くなって中山山頂に葬られた。吉備津彦の5代の子孫の加夜臣奈留美命が茅葺宮に社殿を造営して吉備津彦を祀ったのが当社の始まりと伝える。現在ある比翼入母屋造の社殿は足利義満が造営したもので、国宝になっている。」と記載されています。

aaDsc04822.jpg
Dsc04806.jpg
Dsc04808.jpg
Dsc04823.jpg
Dsc04828.jpg
Dsc04836.jpg
Dsc04838.jpg
Dsc04842.jpg
Dsc04845.jpg

回廊:Wikipediaからの抜粋
回廊.jpg

境内:Wikipediaからの抜粋
境内.jpg

投稿済み岡山県関連映像
「岡山市:後楽園(2)」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-08-12-1
「岡山市:後楽園(1)」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-08-12
「岡山城」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-07-02
「岡山県:西大寺
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-05-27


nice!(252)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

岡山市:後楽園(2) [岡山県]



2009年4月上旬撮影、日本三名園のひとつ岡山後楽園の映像を三分割して投稿しますのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「後楽園(こうらくえん)は岡山県岡山市北区後楽園1-5にある日本庭園(大名庭園)で日本三名園のひとつである。江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されている。後楽園は岡山藩主・池田綱政が岡山郡代官・津田永忠に命じて造らせたもので、1687年(貞享4年)に着工し14年の歳月をかけ1700年(元禄13年)に完成した。岡山市内を流れる旭川をはさみ、岡山城の対岸の中州に位置する。藩主が賓客をもてなした建物・延養亭(えんようてい)を中心とした池泉回遊式の庭園で岡山城や周辺の山を借景としている。江戸時代には延養亭を茶屋屋敷、庭園を後園または御後園と呼んでいた。1871年(明治4年)、園内を一般開放するにあたって、これを後楽園と改めた。」と記載されています。

aaDsc04711.jpg
Dsc04692.jpg
Dsc04699.jpg
Dsc04701.jpg
Dsc04703.jpg
Dsc04706.jpg
Dsc04707.jpg
Dsc04718.jpg
Dsc04721.jpg
Dsc04724.jpg

『幻想庭園』:Wikipediaからの抜粋
『幻想庭園』.jpg

池田綱政:Wikipediaからの抜粋
池田綱政.jpg

投稿済み岡山県関連映像
「岡山市:後楽園(1)」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-08-12
「岡山城」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-07-02
「岡山県:西大寺
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-05-27

nice!(279)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

岡山県:後楽園(1) [岡山県]



2009年4月上旬撮影、日本三名園のひとつ岡山後楽園の映像を三分割して投稿しますのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「後楽園(こうらくえん)は岡山県岡山市北区後楽園1-5にある日本庭園(大名庭園)で日本三名園のひとつである。江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されている。
後楽園は岡山藩主・池田綱政が岡山郡代官・津田永忠に命じて造らせたもので、1687年(貞享4年)に着工し14年の歳月をかけ1700年(元禄13年)に完成した。岡山市内を流れる旭川をはさみ、岡山城の対岸の中州に位置する。藩主が賓客をもてなした建物・延養亭(えんようてい)を中心とした池泉回遊式の庭園で岡山城や周辺の山を借景としている。江戸時代には延養亭を茶屋屋敷、庭園を後園または御後園と呼んでいた。1871年(明治4年)、園内を一般開放するにあたって、これを後楽園と改めた。」と記載されています。

aaDSC04677.JPG
Dsc04663.jpg
Dsc04666.jpg
Dsc04669.jpg
Dsc04670.jpg
Dsc04672.jpg
Dsc04676.jpg
Dsc04682.jpg
Dsc04686.jpg
Dsc04689.jpg
Dsc04691.jpg
Dsc04698.jpg
Dsc04705.jpg

1907年(明治40年)頃の後楽園:Wikipediaからの抜粋
1907年(明治40年)頃の後楽園.jpg

唯心山から沢の池を望む:Wikipediaからの抜粋
唯心山から沢の池を望む.jpg

流店:Wikipediaからの抜粋
流店.jpg

投稿済み岡山県関連映像
「岡山城」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-07-02
「岡山県:西大寺
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-05-27

nice!(312)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

岡山城 [岡山県]



2009年4月上旬撮影、別名・烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)で国指定の史跡になっている岡山城の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「戦国時代に、備前西部から美作、備中に勢力を伸ばした宇喜多氏が本拠としたことで近世城郭の基礎が生まれ、その後小早川氏、両池田氏により整備、拡張が行われた。岡山城は標高が十数メートルの丘が連なる小高い土地に建設された。 その丘のうち「岡山」に本丸が設けられたことで、城名そして城下町の名の元になった。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで西軍の主力となった宇喜多秀家は八丈島に流刑となり、宇喜多家は改易となった。代わって小早川秀秋が備前・美作52万石の領主として入城した。秀秋は2年後の慶長7年(1602年)10月に岡山で急死し、嗣子がなく小早川家は断絶した。慶長8年、備前28万石は姫路城主池田輝政の次男忠継に与えられ,以後、幕末まで光政系池田氏の居城となる。」と記載されています。

aaDsc04627.jpg
Dsc04597.jpg
Dsc04600.jpg
Dsc04608.jpg
Dsc04633.jpg
Dsc04637.jpg
Dsc04644.jpg
Dsc04650.jpg
Dsc04651.jpg
Dsc04654.jpg
Dsc04659.jpg
Dsc04714.jpg
Dsc04770.jpg

岡山城再建天守:Wikipediaからの抜粋
岡山城再建天守.jpg

月見櫓(国の重要文化財):Wikipediaからの抜粋
月見櫓(国の重要文化財).jpg

不明門:Wikipediaからの抜粋
不明門.jpg

廊下門:Wikipediaからの抜粋
廊下門.jpg


投稿済み城郭映像
福山城」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-05-25-2
「郡山城」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-05-06-2
広島城」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-04-30
「姫路城と桜」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-05-02-1
「大阪城と桜」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-04-26
「小田原城」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-01-27
「和歌山城」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-02-27
館山城」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-02-29-2
「会津若松城と桜」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-04-20-3
「熊本城」
http://blog.so-net.ne.jp/takemovies/2008-01-19-2
松山城」
http://blog.so-net.ne.jp/takemovies/2008-01-04-1
「彦根城」
http://blog.so-net.ne.jp/takemovies/2007-11-05-1
「首里城」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2007-10-08-3
金沢城」
http://blog.so-net.ne.jp/takemovies/2007-09-11
「弘前城」
http://blog.so-net.ne.jp/takemovies/2007-08-31
「犬山城」
http://blog.so-net.ne.jp/takemovies/2007-08-28
「松本城」
http://blog.so-net.ne.jp/takemovies/2007-08-21
秋田市と久保田城跡」
http://blog.so-net.ne.jp/takemovies/2007-08-05
山形城:霞城(かじょう)」
http://blog.so-net.ne.jp/takemovies/2007-07-16
「千葉県:大多喜城」
http://blog.so-net.ne.jp/takemovies/2007-07-01



nice!(277)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

岡山県:西大寺 [岡山県]



2009年4月上旬撮影、日本三大奇祭のひとつ、会陽(裸祭り)が有名でな西大寺をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「西大寺は、岡山県岡山市東区西大寺にある寺院。山号は金陵山。観音院と普門坊円満院が現存する。観音院は高野山真言宗別格本山の寺院。本尊は千手観世音菩薩。中国観音霊場の第一番札所である。日本三大奇祭のひとつ、会陽(裸祭り)が有名である。平安時代、犀角は邪気を払うとされ、部屋の隅に祀り魔除とした。」と記載されています。

aaDsc04997.jpg
Dsc04960.jpg
Dsc04961.jpg
Dsc04967.jpg
Dsc04980.jpg
Dsc04983.jpg
Dsc04988.jpg
Dsc04991.jpg
Dsc04996.jpg
Dsc04998.jpg
Dsc04999.jpg

会陽(えよう)-裸祭:HPよりの抜粋
会陽(えよう):裸祭.jpg

絵馬 会陽の図:HPよりの抜粋
絵馬 会陽の図.jpg


nice!(303)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
岡山県 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。