So-net無料ブログ作成
検索選択

千葉県:本土寺 [千葉県]

aaIMG_5408.JPG

千葉県松戸市の本土寺ですが、特筆は、「本土寺の歴史と平成三年春日像菩薩六百五十年忌を記念して建立した五重塔、文明十四年(約500年前)の建立で、その梵鐘は県下第二の古鐘」の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「本土寺(ほんどじ)は千葉県松戸市平賀にある日蓮宗本山の寺院。山号は長谷山。6月には境内にアジサイが咲くため「あじさい寺」の通称があり、同じくアジサイで有名な鎌倉の明月院に対し「北の鎌倉」とも呼ばれる。
もともとは源氏の名門平賀家の屋敷跡。平賀左近将監忠晴の屋敷内に、時の領主・曽谷教信の協力により建治3年(1277年)創建。元は北谷山本土寺。後に長谷山本土寺と改められる。忠晴の子の日朗、日像、日輪は日蓮の高弟で、本土寺は三聖人ゆかりの地。
池上本門寺(長栄山)、鎌倉妙本寺(長興山)とともに「朗門の三長三山」と呼ばれ(新潟県三条市法華宗陣門流総本山本成寺(長久山)を加え四長本山とも呼ぶ)、山内は七堂伽藍と末寺百数十を数えた。」と記載されています。

IMG_5393.JPG
IMG_5395.JPG
IMG_5398.JPG
IMG_5399.JPG
IMG_5406.JPG
IMG_5413.JPG
IMG_5420.JPG
IMG_5438.JPG
IMG_5450.JPG
IMG_5455.JPG




nice!(47)  コメント(0) 

法華経寺の五重塔 [千葉県]

IMG_2023.JPG

千葉県で唯一の五重塔を撮影してきましたのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが、法華経寺(ほけきょうじ)は、千葉県市川市中山二丁目にある日蓮宗大本山の寺院である。鎌倉時代の文応元年(1260年)創立。日蓮の安らぎの地であり、説法の地でもある。鬼子母神の信仰厚く、子育安産、病気平癒の祈祷、社運隆盛のための参詣の人も多く訪れる。中山法華経寺とも呼ばれている。
五重塔(国指定重要文化財)は、江戸時代初期に高さ30.8m、法華経寺の山門の先にお寺の象徴として配置されている緋色の塔。本阿弥家(ほんあみけ)十世の光室(こうしつ)が両親の菩提を弔うため、加賀藩主前田利光公の寄進を受けて元和八年に建立したものです。

IMG_1943.JPG
IMG_1944.JPG
IMG_1949.JPG
IMG_1989.JPG
IMG_1991.JPG
IMG_1997.JPG
IMG_2006.JPG
IMG_2018.JPG
IMG_2021.JPG





nice!(88) 

千葉県:笠森観音  [千葉県]

uvs080530-002.jpg

千葉県長生郡長南町にあるお寺で笠森観音と呼ばれ京都清水寺を連想させる構築方法で、正式名は「笠森寺」で、784年(延歴3年)の開基と伝えられています。岩山を背に、それぞれ高さの違う61本の柱で支えられた全国でも珍しい「四方懸造」の観音堂があり、国の重要文化財となっています。

uvs080530-001.jpg
uvs080530-010.jpg
uvs080530-011.jpg
uvs080530-003.jpg
uvs080530-007.jpg
uvs080530-008.jpg
uvs080530-009.jpg
uvs080530-004.jpg
uvs080530-005.jpg
P1010102.JPG




nice!(102) 

千葉県:大多喜城 [千葉県]

P1010077.JPG

Wikipediaによると、「大多喜城を築いた本多忠勝は徳川家康の三河譜代の重臣として、数々の功績を残し、酒井忠次、榊原康政、井伊直政とともに徳川四天王の一人に数えられた勇将である。上総大多喜には本多忠勝を封じることにより、安房の里見氏に備えた。忠勝の築いた大多喜城は、ドン・ロドリゴの見聞録に見られるような堅塁を誇り、里見氏に対し無言の圧力をかけている」
と言われている大多喜城の映像です。

P1010082.JPG
P1010084.JPG
P1010086.JPG
P1010087.JPG
P1010088.JPG
P1010091.JPG
大多喜城模擬天守Otaki_castle_tenshu.jpg




nice!(124) 

千葉県:大山千枚田 [千葉県]

RIMG0180.JPG

友達に千葉県にも棚田があること知らされ一緒に撮影に行きました。狭い土地での有効利用ですが個人経営ではないみたいです。千葉県にも多々興味をそそる映像情報があることを教えられた一つです

RIMG0183.JPG
RIMG0187.JPG
RIMG0188.JPG
RIMG0190.JPG
RIMG0195.JPG
RIMG0202.JPG
RIMG0215.JPG




nice!(263) 

館山城 [千葉県]

aaIMGA0061.JPG

動画映像は下記のサイトでご覧下さい
http://ameblo.jp/takemovies/entry-10076338605.html

2007年4月戦国時代の武将、里見氏の居城跡にある館山市立博物館「館山城」を撮ってきましたが、この機会に里見氏の歴史を少し調べてみました。館山城主里見氏は清和源氏の流れをくむ名族で、戦国時代、里見氏六代義尭(よしたか)の代には安房・上総・下総を所領とするほどの勢力を保持していました。里見氏九代義康は天正16年(1588)館山城の築城工事に着工し天正18年(1590)完成しこの地を本拠地とした。しかし小田原の北条氏を豊臣秀吉が滅亡させた戦いの時に里見義康は小田原への参陣が遅かっため、秀吉によって安房一国(9万2千石)に減封された。その後里見義康は関ヶ原の合戦で東軍の徳川秀忠に味方したため3万石を加増され里見氏十代忠義も当初は徳川幕府に重んじられたが、運悪く慶長19年(1614)妻の祖父である小田原城主大久保忠隣(ただちか)の改易に巻き込まれ、安房一国を没収され、館山城は破却され鹿島三万石の替え地として伯耆国倉吉に事実上の配流となった。忠義は倉吉の地で20代の若さで死去し、里見氏十代170年続いた歴史を閉じることになったのです。このとき殉死した八人の忠臣の遺骨が密かに館山に持ち帰られ、城山の地に葬られている。
滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」はこの八人の忠臣をモデルにしたと言われる。

IMGA0059.JPG
IMGA0060.JPG
IMGA0062.JPG
IMGA0063.JPG
IMGA0066.JPG
uvs080228-001.jpg
uvs080228-002.jpg
uvs080228-003.jpg




久々のゴルフ [千葉県]

CIMG9898.JPG

2010年12月10日撮影、久々のゴルフ。朝6時半出発、首都高速湾岸線でアクワラインを通り8時過ぎ渋滞も無く市原市到着。天気も上々、コースから富士山も見え風も無く寒くもなく最高の環境でしたが、結果は実力通りのスコアー!よ~~~し、最低月1回1年間続けるゾ~~~~と決意しましたが??

CIMG9894.JPG
CIMG9895.JPG
CIMG9896.JPG
CIMG9897.JPG
CIMG9900.JPG
CIMG9901.JPG
CIMG9902.JPG
CIMG9903.JPG
CIMG9904.JPG
CIMG9905.JPG


     

千葉県:笠森寺 [千葉県]

uvs080530-011-391f9.jpg

2006年撮影千葉県長生郡長南町にあるお寺で笠森観音と呼ばれ京都清水寺を連想させる構築方法で、正式名は「笠森寺」、784年(延歴3年)の開基と伝えられ国の重要文化財となっています。

Wikipediaからの抜粋ですが「笠森寺(かさもりじ)は、千葉県長生郡長南町笠森にある寺院、天台宗別格大本山、坂東三十三箇所の第三十一番札所、山号は大悲山。寺伝によれば延暦3年(784年)に最澄(伝教大師)が楠の霊木で十一面観音菩薩を刻み安置し開基されたとされる古刹で、古来より巡礼の霊場として知られており、十一面観音像が本尊であることから「笠森観音」と通称される。大岩の上にそびえる観音堂は、61本の柱で支えられた四方懸造と呼ばれる構造で、日本で唯一の特異な建築様式であり重要文化財である。長元元年(1028年)に後一条天皇の勅願で建立されたと伝えられているがその後焼失し、現在の建物は解体修理の際発見された墨書銘から文禄年間(1592年-1595年)の再建とされている。観音堂の 75段の階段を上がった回廊からは、四季それぞれに美しい房総の山々が眼下に眺められ、その景観は一見に価する。他にも重要文化財の鋳銅唐草文釣燈籠など多くの文化財も残されている。」と記載されています。

uvs080530-001-3dee6.jpg
uvs080530-002-900a0.jpg
uvs080530-003-bcbe3.jpg
uvs080530-004-f4f19.jpg
uvs080530-007-27a90.jpg
uvs080530-008-f237b.jpg
uvs080530-009-7b950.jpg
uvs080530-010.jpg

観音堂(国の重要文化財):Wikipediaからの抜粋
観音堂(国の重要文化財).jpg

HPよりの抜粋
principal_big.jpg
      




千葉県:本土寺 [千葉県]



2009年6月下旬撮影、千葉県松戸市の本土寺ですが、特筆は、「本土寺の歴史と平成三年春日像菩薩六百五十年忌を記念して建立した五重塔、文明十四年(約500年前)の建立で、その梵鐘は県下第二の古鐘」の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「本土寺(ほんどじ)は千葉県松戸市平賀にある日蓮宗本山の寺院。山号は長谷山。6月には境内にアジサイが咲くため「あじさい寺」の通称があり、同じくアジサイで有名な鎌倉の明月院に対し「北の鎌倉」とも呼ばれる。
もともとは源氏の名門平賀家の屋敷跡。平賀左近将監忠晴の屋敷内に、時の領主・曽谷教信の協力により建治3年(1277年)創建。元は北谷山本土寺。後に長谷山本土寺と改められる。忠晴の子の日朗、日像、日輪は日蓮の高弟で、本土寺は三聖人ゆかりの地。
池上本門寺(長栄山)、鎌倉妙本寺(長興山)とともに「朗門の三長三山」と呼ばれ(新潟県三条市法華宗陣門流総本山本成寺(長久山)を加え四長本山とも呼ぶ)、山内は七堂伽藍と末寺百数十を数えた。」と記載されています。

aaIMG_5408.JPG
IMG_5393.JPG
IMG_5395.JPG
IMG_5398.JPG
IMG_5399.JPG
IMG_5406.JPG
IMG_5413.JPG
IMG_5420.JPG
IMG_5438.JPG
IMG_5450.JPG
IMG_5455.JPG

投稿済み千葉県関連映像
「法華経寺」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-06-12-1
「笠森観音」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-05-30-1
「大多喜城」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-05-27-1
大山千枚田」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-05-27
館山城」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-02-29-2
大福寺崖観音」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-05-22
「養老渓谷の紅葉
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2007-10-17-2


法華経寺の五重塔 [千葉県]

IMG_2023.JPG

動画映像は下記のサイトでご覧下さい
http://ameblo.jp/takemovies/entry-10105642510.html

2008年5月上旬撮影、千葉県で唯一の五重塔を撮影してきましたのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが、法華経寺(ほけきょうじ)は、千葉県市川市中山二丁目にある日蓮宗大本山の寺院である。鎌倉時代の文応元年(1260年)創立。日蓮の安らぎの地であり、説法の地でもある。鬼子母神の信仰厚く、子育安産、病気平癒の祈祷、社運隆盛のための参詣の人も多く訪れる。中山法華経寺とも呼ばれている。
五重塔(国指定重要文化財)は、江戸時代初期に高さ30.8m、法華経寺の山門の先にお寺の象徴として配置されている緋色の塔。本阿弥家(ほんあみけ)十世の光室(こうしつ)が両親の菩提を弔うため、加賀藩主前田利光公の寄進を受けて元和八年に建立したものです。

IMG_1943.JPG
IMG_1944.JPG
IMG_1949.JPG
IMG_1989.JPG
IMG_1991.JPG
IMG_1997.JPG
IMG_2006.JPG
IMG_2018.JPG
IMG_2021.JPG

投稿済み千葉県関連映像
「笠森観音」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-05-30-1
「大多喜城」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-05-27-1
大山千枚田」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-05-27
館山城」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-02-29-2
大福寺崖観音」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2008-05-22
「養老渓谷の紅葉
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2007-10-17-2



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。