So-net無料ブログ作成
検索選択

東京都:旧岩崎邸庭園 [東京都]

aaDsc04129.jpg

都立公園で三菱財閥岩崎家の旧邸宅をご覧ください。

Wikipediaからの抜粋ですが「旧岩崎邸庭園(きゅういわさきていていえん)は、東京都台東区池之端にある都立公園である。三菱財閥岩崎家の旧邸宅を公園として整備したもので、園内の歴史的建造物は国の重要文化財に指定されている。
1896年(明治29年)に竣工し、岩崎家の迎賓館として用いられた木造下見板張りの西洋館。お雇い外国人として来日し、独立後は三菱・岩崎家の仕事を数多く手がけたジョサイア・コンドルの設計である。
大名庭園の形式を一部踏襲する庭は、本邸建築に際して池を埋め立てて広大な芝庭とし、庭石・灯篭・築山などを配した和洋併置式の庭園として改修された。現在の庭園は国有化以降の用地転用・売却により大幅に削り取られているが、今も残る雪見灯篭や亭跡の石敷が往時の姿を偲ばせている。」と記載されています。

Dsc04054.jpg
Dsc04072.jpg
Dsc04073.jpg
Dsc04084.jpg
Dsc04089.jpg
Dsc04108.jpg
Dsc04113.jpg
Dsc04115.jpg
Dsc04118.jpg
Dsc04134.jpg
hDsc04138.jpg
iDsc04099.jpg
iDsc04100.jpg

撞球室:Wikipediaからの抜粋
撞球室.jpg



nice!(42)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

東京都:寛永寺 [東京都]

10044903047.jpg

野公園にある寛永寺の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「寛永寺(かんえいじ)は、東京都台東区上野桜木一丁目にある天台宗関東総本山の寺院。山号は東叡山(とうえいざん)。東叡山寛永寺円頓院と号する。開基(創立者)は徳川家光、開山(初代住職)は天海、本尊は薬師如来である。

徳川将軍家の祈祷所・菩提寺であり、徳川将軍15人のうち6人(家綱、綱吉、吉宗、家治、家斉、家定)が眠っている。17世紀半ばからは皇族が歴代住職を務め、日光山、比叡山をも管轄する天台宗の本山として近世には強大な権勢を誇ったが、慶応4年(1868年)の上野戦争で主要伽藍を焼失した。

江戸にあった徳川家の菩提寺のうち、増上寺は中世から存在した寺院であったが、寛永寺は天海を開山とし、徳川家により新たに建立された寺院である。徳川家康・秀忠・家光の3代の将軍が帰依していた天台宗の僧・天海は、江戸に天台宗の拠点となる大寺院を造営したいと考えていた。そのことを知った秀忠は、元和8年(1622年)、現在の上野公園の地を天海に与えた。当時この地には伊勢津藩主・藤堂高虎、弘前藩主・津軽信牧、越後村上藩主・堀直寄の3大名の下屋敷があったが、それらを公収して寺地にあてたものである。秀忠の隠居後、寛永2年(1625年)、3代将軍徳川家光の時に今の東京国立博物館の敷地に本坊(貫主の住坊)が建立された。この年が寛永寺の創立年とされている。当時の年号をとって寺号を「寛永寺」とし、京の都の鬼門(北東)を守る比叡山に対して、「東の比叡山」という意味で山号を「東叡山」とした。」と記載されています。

10044902522.jpg
CIMG0057.JPG
CIMG0058.JPG
DSC02379.JPG
CIMG0066.JPG

旧寛永寺五重塔(重要文化財):Wikipediaからの抜粋
旧寛永寺五重塔(重要文化財).jpg

渓斎英泉『江戸上野寛永寺之花盛』天保ころ:Wikipediaからの抜粋
渓斎英泉『江戸上野寛永寺之花盛』天保ころImage1.jpg

根本中堂:Wikipediaからの抜粋
江戸名所図会Image3.jpg
根本中堂.jpg

不忍池と弁天堂:Wikipediaからの抜粋
不忍池と弁天堂.jpg

徳川家綱:Wikipediaからの抜粋
徳川家綱.jpg

徳川綱吉:Wikipediaからの抜粋
徳川綱吉.jpg

徳川吉宗:Wikipediaからの抜粋
徳川吉宗.jpg

徳川家治:Wikipediaからの抜粋
徳川家治.jpg

徳川家斉:Wikipediaからの抜粋
徳川家斉.jpg

徳川家定:Wikipediaからの抜粋
徳川家定.jpg


nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

東京都:上野東照宮 [東京都]

DSC02370.JPG

上野公園にある東照宮の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「上野東照宮(うえのとうしょうぐう)は、東京都台東区上野恩賜公園内にある神社。旧社格は府社。正式名称は東照宮であるが、他の東照宮との区別のために鎮座地名をつけて上野東照宮と呼ばれる。徳川家康(東照大権現)・徳川吉宗・徳川慶喜を祀る。
1616年、2月4日、お見舞いのために駿府城にいた藤堂高虎と天海僧正は、危篤の家康公の病床に招かれ、三人一つ所に末永く魂鎮まるところを作ってほしいという遺言を受けました。そこで藤堂家の屋敷地であった上野に1627年に東照宮を造営された。 」と記載されています。

DSC02371.JPG
DSC02374.JPG
DSC02383.JPG
DSC02388.JPG
DSC02389.JPG
DSC02390.JPG
DSC02393.JPG
DSC02394.JPG
DSC02397.JPG

拝殿:Wikipediaからの抜粋
拝殿.jpg

本殿:Wikipediaからの抜粋
本殿.jpg


nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

東京都:上野公園の秋と国立西洋美術館のモニュメント [東京都]

DSC02346.JPG

上野公園(一部)の秋風景と国立西洋美術館ロダンの彫刻を撮ってきましたのでその映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「フランソワ=オーギュスト=ルネ・ロダン, 1840年11月12日 - 1917年11月17日)は、フランスの彫刻家。19世紀を代表する彫刻家とされ、『近代彫刻の父』と称される。代表作に『地獄の門』、その一部を抜き出した『考える人』など。

ロダンは、パリの下町で警視庁の書記の息子として生まれる。14歳で工芸実技学校に入学。良き理解者であった2歳年長の姉・マリアの援助により帝国素描・算数専門学校に入学して美術を学ぶ。1875年、イタリア旅行に出て、ミケランジェロの作品を見て強い感銘を受け、1877年に長い沈黙を破って『青銅時代』を出展する。1880年、ロダンの元に国立美術館を建てるので、そのモニュメントを作って欲しいとの依頼が来た。そのテーマとしてロダンが選んだのがダンテの『神曲』地獄篇に登場する『地獄の門』である。1889年、『地獄の門』を覗き込む男を一つの彫刻として発表した。『考える人』と言う名はこの像を鋳造したリュディエがつけたものである。」と記載されています。

CIMG4886.JPG
DSC02348.JPG
DSC02353.JPG
DSC02355.JPG

オーギュスト・ロダン「カレーの市民」
DSC02401オーギュスト・ロダンカレーの市民 .JPG

オーギュスト・ロダン「考える人」
DSC02402考える人.JPG

オーギュスト・ロダン「弓をひくヘラクレス
DSC02403弓をひくヘラクレス.JPG

オーギュスト・ロダン「アダム」
DSC02404アダム.JPG

オーギュスト・ロダン「エヴァ」
DSC02405エヴァ.JPG

オーギュスト・ロダン「地獄の門」
DSC02406地獄の門.JPG

オーギュスト・ロダン「接吻」:Wikipediaからの抜粋
オーギュスト・ロダン『接吻』.jpg

オーギュスト・ロダン「地獄の門」:Wikipediaからの抜粋
『地獄の門』.jpg

オーギュスト・ロダン:Wikipediaからの抜粋
オーギュスト・ロダン.jpg


nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

東京都:迎賓館 [東京都]

aDSC02467.JPG


迎賓館赤坂離宮の前庭、一般公開 天皇即位20年記念」の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「迎賓館(げいひんかん)とは、外国の国家元首や首脳などの国賓を迎え入れたときに、宿泊等の接遇を行う施設である。皇居宮殿での歓迎晩餐会の答礼など、外交儀礼のための接宴として、天皇や皇族などが臨席し晩餐会が行なわれることもある。日本の迎賓館は現在、東京都港区赤坂の迎賓館(赤坂迎賓館)と京都府京都市上京区の京都御苑内に京都迎賓館があり、内閣府の施設等機関である。

1962年に当時の内閣総理大臣池田勇人の発意により、新たに迎賓施設を整備する方針が閣議決定された。これを受けて、池田政権時代及びその後を継いだ佐藤榮作政権において、政府部内で検討を重ねた結果、旧赤坂離宮を改修し、これを迎賓施設とすることが1967年に決定された。

5年の期間と108億円(工事費101億円、家具等製作費7億円)の費用をかけて、本館は村野藤吾、和風別館は谷口吉郎の設計協力により1974年(昭和49年)3月に迎賓施設として改修された。

新装なった迎賓館に迎えた最初の国賓は、第38代アメリカ合衆国大統領のジェラルド・ルドルフ・フォード・ジュニアである。」と記載されています。

bDSC02470.JPG
cDSC02431.JPG
DSC02424.JPG
DSC02433.JPG
DSC02443.JPG
DSC02461.JPG
DSC02474.JPG
DSC02475.JPG
DSC02477.JPG
DSC02481.JPG
xxDSC02455.JPG
zzDSC02460.JPG

主庭:Wikipediaからの抜粋
主庭.jpg

赤坂迎賓館:Wikipediaからの抜粋
赤坂迎賓館.jpg


nice!(34)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

東京都:六義園 [東京都]

CIMG4351.JPG

枝垂桜と紅葉で知られている六義園ですが特徴のない時期の映像をご覧下さい(笑)。

Wikipediaからの抜粋ですが「六義園(りくぎえん)は、東京都文京区本駒込六丁目にある都立庭園である。
徳川5代目将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保の下屋敷に、柳沢自らが開園させたものである。六義園の名の由来は、中国の『詩経』に分類されている詩の分類法を和歌に適用させた紀貫之の『古今和歌集』の序文にかかれている「六義」(むくさ)に因む。当初は、六義園と書いて「むくさのその」とも呼ばれていた。柳沢吉保はこの『古今和歌集』に出てくる和歌を庭園で再現しようとしたものであった。この庭園は、完成当時は、小石川後楽園と並び二大庭園と称された。しかしその後、代々柳沢家の別荘として使用される程度で徐々に荒廃していたが、明治期に三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎が購入、1938年に東京市(現・東京都)に寄贈され、一般にも公開されるようになった。殊に、ツツジの花は有名で、駒込=ツツジの花の街というほどの、象徴的な存在となった。庭園入り口のシダレザクラの名木は、3月末に枝いっぱいの薄紅色の花を咲かせる。ライトアップされた、その姿は圧巻。」と記載されています。


CIMG4354.JPG
CIMG4361.JPG
CIMG4363.JPG
CIMG4378.JPG
CIMG4382.JPG
CIMG4386.JPG
CIMG4390.JPG
CIMG4391.JPG
CIMG4394.JPG



nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

豪徳寺 [東京都]

CIMG7531.jpg

幕末の大老、十三代井伊直弼の墓があり一度は訪れたいと思っていた所です。午後から雷と大雨、しばし本堂で雨宿り、誰もいない境内で雨と雷と豪徳寺の風景を十分堪能でき良い時間を過ごしました。

Wikipediaによると「豪徳寺(ごうとくじ)は、東京都世田谷区豪徳寺にある曹洞宗の寺院。元は臨済宗。山号は大渓山(だいけいざん)。一説には招き猫発祥の地とされる。寛永10年(1633年)彦根藩主井伊直孝が井伊氏の菩提寺として伽藍を創建し整備した。
招き猫発祥の地とする説は井伊直孝が猫により門内に招き入れられ、雷雨を避け、和尚の法談を聞くことができたことを大いに喜び、後に井伊家御菩提所としたという。」と記載されています。

CIMG7545-ed1cc.jpg
CIMG7583-ee0dc.jpg
DSC05595-a0ff7.jpg
DSC05599-c035a.jpg
DSC05600-c7bad.jpg
DSC05604-5d7fe.jpg
DSC05608-a3df2.jpg
DSC05614-4c172.jpg
DSC05618-4abb7.jpg
DSC05637.jpg
DSC05647-2244a.jpg
yyCIMG7562-deb6c.jpg
zzCIMG7565-c2ada.jpg



nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

九品仏浄真寺(くほんぶつじょうしんじ) [東京都]

DSC04753-d63df.jpg

九品仏浄真寺を解説するには、奥沢城の歴史が必要です。

Wikipediaよりの抜粋ですが「奥沢城(おくさわじょう)は東京都世田谷区奥沢にあった城。奥沢城は、吉良氏によって築かれた平城。世田谷城の出城として用いられた。周囲の平野部に南の台地から北方に突き出た舌状台地上に占地し、台地上の九品仏浄真寺境内に方形の郭跡が認められる。九品仏駅前から台地東麓に掛けて城郭由来の地名が残ることから、城域は九品仏駅付近から台地端まで拡がっていたものと考えられる。

浄真寺の地は、もともとは世田谷吉良氏系の奥沢城であった。小田原の役後同城は廃城となったが、寛文5年(1675年)に当地の名主七左衛門が寺地として貰い受け、延宝6年(1678年)、珂碩上人(かせきしょうにん)が同地に浄真寺を開山した。
広い境内の本堂の対面に3つの阿弥陀堂があり、それぞれに3体合計9体の阿弥陀如来像が安置されている。 この9体はそれぞれ、上品上生(じょうぼんじょうしょう)、上品中生、上品下生、中品上生、中品中生、中品下生、下品上生、下品中生、下品下生を表し、これをあわせて九品(あるいは九品往生)という。 この九品の仏から、浄真寺は通称「九品仏」と呼ばれている。
」と記載されています。

また世田谷区の花である’鷺草’について興味深い話が伝わっています。
世田谷HPからの抜粋ですが「世はまさに戦国時代。各地の大名が兵を起こし、群雄割拠の様相を呈していたころのこと。世田谷から衾村(ふすまむら)、碑文谷郷一帯は、世田谷城主吉良頼康の支配下にあった。頼康は、奥沢城主大平出羽守の娘常盤(ときわ)姫を側室として迎えた。やがて、常盤(ときわ)は子をみごもったため、頼康はことのほか常盤(ときわ)をいつくしむようになった。
血筋を絶やしてはならない大名のしきたりに従って、頼康には、常盤(ときわ)のほかに12人の側室がいた。彼女たちは、頼康を一人占めにする常盤(ときわ)をねたみ、「常盤(ときわ)様のお子は、殿のお子かどうか疑わしい」などと、まことしやかに頼康につげ口し、常盤(ときわ)への愛情を妨げようとたくらんだ。 

常盤(ときわ)の悪いうわさを、頼康は否定しながらも、心の中にはいつの間にかどす黒い疑惑の霧がたち込めていった。自然と常盤(ときわ)へも冷たい仕打ちをするようになった。とりなしてくれる者も無く、悲しみに暮れた常盤(ときわ)は、「いっそ死んで、身の潔白の証しにしよう」とまで思いつめた。奥沢城の父にあてて遺書をしたためると、小さいころからかわいがって、輿(こし)入れの際にも一緒に連れて来た、1羽の白鷺の足に結びつけ、奥沢の方角へ放った。主人のただならぬ様子をさとったかのように、白鷺は奥沢城目指してまっしぐらに飛び去った。ちょうどそのころ、衾村(ふすまむら)で狩りをしていた頼康は、この白鷺を見つけ射落としてしまった。みると、足に何やら結びつけてある。不審に思って開いてみると、姫から父へ覚悟の自殺を報じた文であった。驚いた頼康は、急ぎ城に帰ったが、時すでに遅く常盤(ときわ)は自害し果てた後であった。傍らには、死産の男の子の姿があった。疑いは晴れたが、もう常盤(ときわ)も子も戻っては来ない。深く後悔した頼康は、せめてもの償いにふたりの霊を慰めようと、領内の駒留(こまどめ)八幡宮に若宮と弁財天を祀ったのである。一方、使命半ばにして倒れた白鷺は、よほど無念だったのか、その地に鷺の飛翔する姿の花を咲かせる草になったという。」と鷺草についての話が伝わっています。

DSC04769-4dc4d.jpg
DSC04770-cc58b.jpg
DSC04771-40c00.jpg
DSC04774-69256.jpg
DSC04786-2a292.jpg
DSC04832-5fb12.jpg
DSC04834-56fda.jpg
CIMG6898.jpg
CIMG6976-730f7.jpg
DSC04838.jpg
DSC04839-c6f70.jpg



nice!(32)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

高幡不動 [東京都]

DSC06676-64045.jpg

2008年9月中旬撮影、2008年10月上旬撮影、今回は東京都日野市にある高幡不動の五重塔と新撰組副長土方歳三の限定映像です。

Wikipediaからの抜粋ですが「金剛寺(こんごうじ)は、東京都日野市高幡にある真言宗智山派別格本山の寺院。高幡不動の通称で知られる。本尊は不動明王。寺号は高幡山明王院金剛寺と称する。

草創は古文書によれば大宝年間(701―704)以前とも或いは奈良時代行基菩薩の開基とも伝えられるが、今を去る1100年前、平安時代初期に慈覚大師円仁が清和天皇の勅願により東関鎮護の霊場を高幡山山上に開いたのが始まりとされ、「高幡のお不動さん」と呼ばれ人々の信仰を集めており、毎月28日の縁日には多くの参詣者で賑わう。

新選組副長として活躍した土方歳三の菩提寺である縁から境内には土方歳三の銅像や殉節両雄の碑がある。 歳三の墓のある愛宕山石田寺(あたごさんせきでんじ)は末寺のひとつである。」と記載されています。

CIMG9743.jpg
CIMG9744-cd9e7.jpg
CIMG9759-4b0d9.jpg
DSC06673-facea.jpg
DSC06682-5ccfc.jpg
DSC06687-ad5e8.jpg
DSC06695-e278e.jpg
DSC06700-01476.jpg
DSC06706-dc970.jpg
DSC06745-87b82.jpg

Wikipediaからの抜粋
E6A19CE381A8E4BA94E9878DE5A194ssk_28.jpg

土方歳三:Wikipediaからの抜粋
土方歳三:Wikipediaからの抜粋.jpg

函館土方歳三像:Wikipediaからの抜粋
函館土方歳三像:Wikipediaからの抜粋.jpg


nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

東京都:清澄庭園 [東京都]

aaDSC06821.JPG

東京都江東区清澄にある都立庭園の一つである清澄庭園の映像をご覧下さい。

HPからの抜粋ですが「清澄庭園は、東京都江東区清澄にある都立庭園。池の周囲に築山や名石を配置した回遊式林泉庭園で、東京都指定名勝に指定されている。この地には元禄期の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷があったと伝えられる。享保期には下総関宿藩主・久世氏の下屋敷となり、ある程度の庭園が築かれたと推定されている。1878年(明治11年)、荒廃していた邸地を三菱財閥創業者の岩崎弥太郎が買い取り、三菱社員の慰安と賓客接待を目的とした庭園の造成に着手。1880年(明治13年)に竣工し、深川親睦園と命名された。三菱社長の座を継いだ岩崎弥之助は庭園の泉水に隅田川の水を引き込むなど大きく手を加え、1891年(明治24年)に回遊式築山林泉庭園としての完成を見た。園内には岩崎家が全国から集めたという名石が無数に置かれている。」と記載されています。

DSC06799.JPG
DSC06800.JPG
DSC06804.JPG
DSC06805.JPG
DSC06813.JPG
DSC06817.JPG
DSC06824.JPG
DSC06826.JPG
DSC06829.JPG
DSC06841.JPG
DSC06853.JPG
DSC06866.JPG
DSC06875.JPG




nice!(57)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。