So-net無料ブログ作成
花アルバム ブログトップ
前の10件 | -

極楽鳥花 [花アルバム]

DSC05300.JPG

花が鳥の頭のような形をしている極楽鳥花の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「ゴクラクチョウカ属は単子葉植物ゴクラクチョウカ科の属の一つ。園芸では学名のカタカナ表記そのままストレリチアやストレチア(属)ということも多い。極楽鳥花、と漢字表記する。
南アフリカを中心に5種程度が分布する。花は鳥の頭のような形をしているものがある。また、葉が美しく観葉植物として栽培されるものがある。バード(オブ)パラダイス、とも言う。」と記載されています。

DSC05292極楽鳥花.JPG
DSC05293.JPG
DSC05294.JPG
DSC05295.JPG
DSC05297.JPG
DSC05298.JPG
zzDSC05295.JPG

Wikipediaからの抜粋
Strelitzia_reginae_1_-_Buffalo_Botanical_Gardens.jpg

Wikipediaからの抜粋
Strelitzia_reginae_2.jpg

Wikipediaからの抜粋
StrelitziaReginae001.jpg


nice!(22)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

純白のツバキ [花アルバム]

CIMG6305.JPG

純白のツバキが咲いていました。深みのある白、お気に入りの一つです。

Wikipediaからの抜粋ですが「ツバキ科ツバキ属の植物の総称である。花が美しく利用価値も高いので万葉集の頃からよく知られたが、特に近世に茶花として好まれ多くの園芸品種が作られた。美術や音楽の作品にもしばしば取り上げられている。
ツバキの花は古来から日本人に愛され、京都の龍安寺には室町時代のツバキが残っている。」と記載されています。

CIMG6304.JPG
CIMG6306.JPG
CIMG6308.JPG
CIMG6311.JPG
CIMG6312.JPG
CIMG6313.JPG
CIMG6314.JPG
CIMG6315.JPG
CIMG6316.JPG
CIMG6318.JPG
CIMG6319.JPG
CIMG6320.JPG
CIMG6321.JPG
zzCIMG6305.JPG
zzCIMG6314.JPG
zzCIMG6320.JPG


nice!(30)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

ロウバイ [花アルバム]

DSC05157.JPG

大船フラワーセンターで撮ってきたロウバイの映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「ロウバイ(蝋梅、臘梅、唐梅)は名前に梅がついているためバラ科サクラ属と誤解されやすいが、ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木。1月から2月にかけて黄色い花を付ける落葉広葉低木である。花の香りは強い。
唐の国から来たこともあり唐梅とも呼ばれ、中国名も蝋梅であったことにちなむ。本草綱目によれば、花弁が蝋のような色であり、且つ臘月(ろうげつ、旧暦12月)に咲くからこの名がついた。」と記載されています。

DSC05158.JPG
DSC05161.JPG
DSC05162.JPG
DSC05164.JPG
DSC05166.JPG
DSC05167.JPG
DSC05172.JPG
zzDSC05164.JPG
zzDSC05167.JPG
zzDSC05172.JPG

ソシンロウバイ(素心蝋梅)(中心部の花弁が暗紫色にならない):Wikipediaからの抜粋
ソシンロウバイ(素心蝋梅)(中心部の花弁が暗紫色にならない).jpg

ロウバイ(中心部の花弁が暗紫色):Wikipediaからの抜粋
ロウバイ(中心部の花弁が暗紫色).jpg


nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

プリムラ [花アルバム]

DSC05253.JPG

大船フラワーセンターで撮ってきたプリムラの映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「プリムラとは、ヨーロッパやアジアに自生するサクラソウ属(Primula) の原種やその変種、品種、またそれらを交配して作られた品種群である。
花言葉は永続する愛情、富貴、神秘な心、運命を開く、可憐、うぬぼれ。」と記載されています。

DSC05256.JPG
DSC05258.JPG
DSC05259.JPG
DSC05263.JPG
DSC05265.JPG
DSC05266.JPG
DSC05269.JPG
DSC05270.JPG
zzDSC05254.JPG
zzDSC05263.JPG
zzDSC05265.JPG





nice!(28)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

クンシラン [花アルバム]

DSC05281クンシラン.JPG

大船フラワーセンターで撮ってきたクンシランの映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「クンシラン(君子蘭)はヒガンバナ科クンシラン属の植物の総称で「ラン」とつくが「ラン科」ではない。肉厚の葉とオレンジ色の花を楽しむ園芸植物。南アフリカの平原が原産。ヨーロッパを経由して、日本には明治時代に渡来した。ヨーロッパでは花を楽しむものとされていたが、日本では万年青などと同様に葉の美しさを楽しむようになった。」と記載されています。

DSC05282.JPG
DSC05283.JPG
DSC05284.JPG
DSC05285.JPG
DSC05286.JPG
DSC05287.JPG
DSC05289.JPG
DSC05290.JPG
DSC05291.JPG



nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

アザレア [花アルバム]

DSC05244.JPG

大船フラワーセンターで撮ってきたアザレアの映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「アザレア は、ツツジ科ツツジ属に分類されるツツジ。別名を「西洋ツツジ」、「オランダツツジ」などと言う。もともと台湾のタイワンツツジがベルギーのプラントハンターによってベルギーにもたらされ、改良されて逆輸入されたものがこのアザレアである。常緑性の低木で、葉は厚みを持ち、毛がある。形は倒披針形で両端が尖る(先端ははっきりとは尖らない)。花は5弁の合弁花で、花色はピンク・赤などさまざまで八重咲きも多い。日本での主な生産地は新潟県などで品種改良も盛ん。鉢植えとして冬頃に出回る。冷蔵処理をされているため、5月であるはずの本来の開花期とは違う時期に開花株が出回る。」と記載されています。

DSC05245.JPG
DSC05246.JPG
DSC05247.JPG
DSC05248.JPG
DSC05249.JPG
DSC05250.JPG
DSC05251.JPG
zzDSC05243アザレア.JPG
zzDSC05246.JPG
zzDSC05248.JPG
zzDSC05251.JPG

Wikipediaからの抜粋
アザレア.jpg


nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

フラワーセンターのサザンカ [花アルバム]

aaCIMG5187.JPG

入園料金で管理されているサザンカ、庭先にあるより少し艶やかに観えましたたが(笑)その映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「サザンカ(山茶花)は、ツバキ科の常緑広葉樹。秋の終わりから、冬にかけての寒い時期に、花を咲かせる。野生の個体の花の色は部分的に淡い桃色を交えた白であるのに対し、植栽される園芸品種の花の色は赤から白まで様々である。童謡「たきび」(作詞:巽聖歌、作曲:渡辺茂)の歌詞に登場することでもよく知られる。日本では山口県、四国南部から九州中南部、南西諸島(屋久島から西表島)等に、日本国外では台湾、中国、インドネシアなどに分布する」と記載されています。

CIMG5185.JPG
CIMG5189.JPG
CIMG5190.JPG
CIMG5191.JPG
CIMG5192.JPG
CIMG5194.JPG
CIMG5195.JPG
CIMG5200.JPG
CIMG5201.JPG
xxCIMG5186.JPG
xxCIMG5202.JPG


nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

貴重なバラ [花アルバム]

CIMG5204.JPG

大船フラワーセンターで12月上旬に咲かせていた数少ない中、選ばれた貴重なバラ(笑)の映像です。

Wikipediaによると「バラ(薔薇)とは、バラ科バラ属の種(しゅ)の総称。バラ属の植物は、灌木、低木、または木本性のつる植物で、葉や茎に棘があるものが多い。北半球の温帯域に広く自生しているが南半球にはバラは自生していない。バラが人類の歴史に登場するのは古代バビロニアの『ギルガメシュ叙事詩』である。この詩の中には、バラの棘について触れた箇所がある。
古代ギリシア・ローマでは、バラは愛の女神アプロディテもしくはヴィーナスと関係づけられた。
」と記載されています。

CIMG5205.JPG
CIMG5206.JPG
CIMG5207.JPG
CIMG5208.JPG
CIMG5209.JPG
CIMG5210.JPG
CIMG5211.JPG
CIMG5220.JPG
CIMG5221.JPG
CIMG5222.JPG
CIMG5223.JPG
CIMG5226.JPG
CIMG5227.JPG


nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ポインセチア [花アルバム]



大船フラワーセンターのポインセチア映像です。

Wikipediaからの抜粋ですが「ポインセチアはトウダイグサ科トウダイグサ属の植物。常緑性低木。
葉は薄く、楕円形。花はいわゆる杯状花序である。花びら等は存在しない。その下に着く葉の形の包葉が赤く染まるのが鑑賞の対象となる。原産は中央アメリカ(特にメキシコ)。ポインセチアという名前の由来はアメリカ合衆国の初代メキシコ公使であったJ・R・ポインセットによる。原産国とされるメキシコ合衆国では、「ノーチェ・ブエナ(聖夜)」と呼ばれる。日本には明治時代に来た。和名はショウジョウボク(猩々木)。大酒飲みの赤い顔が似ていることから名付けられたという。」と記載されています。

CIMG5394.JPG
CIMG5395.JPG
CIMG5396.JPG
CIMG5397.JPG
CIMG5398.JPG
CIMG5399.JPG
CIMG5401.JPG
CIMG5400.JPG
CIMG5402.JPG
CIMG5403.JPG
CIMG5404.JPG
CIMG5405.JPG
CIMG5406.JPG


nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

シャコバサボテン [花アルバム]



大船フラワーセンターのシャコバサボテン映像です。

Wikipediaからの抜粋ですが「シャコバサボテンとは、サボテン科シュルンベルゲラ属に属するサボテンの一種の多年草である。冬場(クリスマスの時期)に開花することから「クリスマスカクタス」とも称される。
ブラジルのリオデジャネイロ州の高山を原産とするサボテンの一種であり、葉は多肉質で縁にぎざぎざがある小判型の形状をした葉柄が接続されており、その先の花をつける。葉の縁が丸みを帯びているものを「カニバシャボテン」という。開花期は10月頃から1月頃にかけてであり、花は7cmほどになる。」と記載されています。

CIMG5382.JPG
CIMG5393.JPG
CIMG5374.JPG
CIMG5390.JPG
CIMG5408.JPG
CIMG5410.JPG
CIMG5412.JPG
CIMG5417.JPG
xxCIMG5392.JPG
xxCIMG5393.JPG
xxCIMG5410.JPG


nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 花アルバム ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。