So-net無料ブログ作成

東京都:柴又帝釈天の庭と屏風 [東京都]

aaDSC04023.JPG

映画「男はつらいよ」の舞台になった柴又帝釈天を撮ってきました。柴又帝釈天の庭と屏風です。

Wikipediaからの抜粋ですが「柴又帝釈天は、東京都葛飾区柴又七丁目にある日蓮宗の寺院の通称である。正式の山号寺号は経栄山題経寺(きょうえいざん だいきょうじ)である。 尚、「帝釈天」とは本来の意味では仏教の守護神である天部の一つを指すが、日本においてはこの柴又帝釈天を指す場合も多い。
江戸時代初期(17世紀前半)の寛永6年(1629年)に禅那院日忠および題経院日栄という2名の僧によって開創された日蓮宗寺院である
近代以降も夏目漱石の『彼岸過迄』をはじめ多くの文芸作品に登場し、東京近郊(当時は東京ではなかった)の名所として知られた。20世紀後半以降は、人気映画シリーズ『男はつらいよ』の渥美清演じる主人公・車寅次郎(寅さん)ゆかりの寺として知られるようになる。」と記載されています。

Dsc04013.jpg
Dsc04024.jpg
Dsc04026.jpg
Dsc04032.jpg
Dsc04037.jpg
Dsc04039.jpg
Dsc04043.jpg
Dsc04044.jpg
Dsc040450.jpg
Dsc0404515.jpg
Dsc0404620.jpg
iDsc04019.jpg




nice!(58)  コメント(6) 

東京都:柴又帝釈天の彫刻 [東京都]

Dsc03971.jpg

映画「男はつらいよ」の舞台になった柴又帝釈天を撮ってきました。柴又帝釈天の彫刻(彫り物)です。

Wikipediaからの抜粋ですが「柴又帝釈天は、東京都葛飾区柴又七丁目にある日蓮宗の寺院の通称である。正式の山号寺号は経栄山題経寺(きょうえいざん だいきょうじ)である。 尚、「帝釈天」とは本来の意味では仏教の守護神である天部の一つを指すが、日本においてはこの柴又帝釈天を指す場合も多い。
江戸時代初期(17世紀前半)の寛永6年(1629年)に禅那院日忠および題経院日栄という2名の僧によって開創された日蓮宗寺院である
近代以降も夏目漱石の『彼岸過迄』をはじめ多くの文芸作品に登場し、東京近郊(当時は東京ではなかった)の名所として知られた。20世紀後半以降は、人気映画シリーズ『男はつらいよ』の渥美清演じる主人公・車寅次郎(寅さん)ゆかりの寺として知られるようになる。」と記載されています。

Dsc03977.jpg
Dsc03982.jpg
Dsc03987.jpg
Dsc03988.jpg
Dsc04004.jpg
Dsc04007.jpg
Dsc04008.jpg
iDsc03971.jpg
iDsc03973.jpg
iDsc03978.jpg
iDsc03989.jpg




nice!(45)  コメント(0) 

高砂枝垂梅 [花アルバム]

aaDsc01883x.jpg

大船フラワーセンター撮ってきました高砂枝垂梅と呼ばれている白梅です。

Wikipediaからの抜粋ですが「ウメ(梅)は、バラ科サクラ属の落葉高木、またはその果実のこと。中国の長江流域が原産で、日本には8世紀半ばに渡来した。日本の気候に馴染んでいないため、冬の終わりから春先にあたる2月中旬から3月初頭くらいという、花粉を媒介する虫の少ない時期に花をつける。」と記載されています。

Dsc01881.jpg
Dsc01882x.jpg
Dsc01884.jpg
Dsc01885.jpg
Dsc01886x.jpg
Dsc01887.jpg
Dsc01888.jpg
iDsc01881.jpg
iDsc01883x.jpg
iDsc01884x.jpg
iDsc01888.jpg




nice!(30)  コメント(1) 

YouTube 凄い、きれい、何だ?・・・の拾った動画映像 [YouTube]

凄い・・・香川真司、2ゴール1アシスト1起点の大爆発 2012/3/25

サッカーのドイツ1部リーグは25日に2試合が行われ、ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司はアウエーでのケルン戦に先発出場し、2ゴールを決めて6-1の大勝に貢献した。香川は今季通算11得点をマーク。香川は1-1で迎えた後半2分に逆転ゴールを決めると、34分にはチーム4点目をアシスト。さらに35分にはチーム5点目を挙げて、36分に退いた。



http://youtu.be/r-pvANSO3wM

nice!(35)  コメント(0) 

山口県:常栄寺の境内 [山口県]

aaDSC04418.JPG

雪舟がつくったと伝えられ、一般には雪舟庭(せっしゅうてい)といわれている庭がある常栄寺を撮ってきました。お気に入りの映像が多いので3分割して投稿しますのでご覧下さい。

山口県の文化財からの抜粋ですが「15世紀末(室町時代中期)の大内政弘(おおうちまさひろ)の時代に、妙喜寺(みょうきじ)の庭としてつくられたものです。妙喜寺はのちに毛利隆元(もうりたかもと)の菩提寺(ぼだいじ)となり、常栄寺と名前をかえました。
山口市宮野下の常栄寺本堂北側の庭園。約15,600㎡の庭園とともに背景の山林も指定地域となっている。庭の東北側の隅に滝を設け、その前に広い池、周囲に仮山を築き庭石を配置している。
内庭には樹木を植えず、その配石や立石の手法は独特である。この庭は雪舟が築造したと伝えられ、一般に雪舟庭(せっしゅうてい)といわれる。しかし、文献などに雪舟の築造を確かめるものはなく、あくまでも伝説であ。」と記載されています。

Dsc04408.jpg
Dsc04410.jpg
Dsc04411.jpg
Dsc04412.jpg
Dsc04414.jpg
Dsc04417.jpg
Dsc04419.jpg
Dsc04420.jpg
Dsc04422.jpg
Dsc04423.jpg
Dsc04485.jpg
Dsc04487.jpg




nice!(55)  コメント(2) 

東京都:柴又帝釈天の境内 [東京都]

Dsc03931.jpg

Wikipediaからの抜粋ですが「柴又帝釈天は、東京都葛飾区柴又七丁目にある日蓮宗の寺院の通称である。正式の山号寺号は経栄山題経寺(きょうえいざん だいきょうじ)である。 尚、「帝釈天」とは本来の意味では仏教の守護神である天部の一つを指すが、日本においてはこの柴又帝釈天を指す場合も多い。
江戸時代初期(17世紀前半)の寛永6年(1629年)に禅那院日忠および題経院日栄という2名の僧によって開創された日蓮宗寺院である。近代以降も夏目漱石の『彼岸過迄』をはじめ多くの文芸作品に登場し、東京近郊(当時は東京ではなかった)の名所として知られた。20世紀後半以降は、人気映画シリーズ『男はつらいよ』の渥美清演じる主人公・車寅次郎(寅さん)ゆかりの寺として知られるようになる。」と記載されています。

Dsc03932.jpg
Dsc03933.jpg
Dsc03937.jpg
Dsc03940.jpg
Dsc03941.jpg
Dsc03944.jpg
Dsc03948.jpg
Dsc03950.jpg
Dsc03952.jpg
Dsc03955.jpg
Dsc04051.jpg

帝釈堂(2005年撮影):Wikipediaからの抜粋
帝釈堂(2005年撮影).jpg





nice!(44)  コメント(1) 

京都:禅林寺_No.3 [京都]

Dsc01292.jpg

京都の神社仏閣の撮影映像です。今回は、禅林寺で一般には通称の永観堂の名で知られています。永観堂もお気に入りの映像が多いので3回に分けて投稿します。

Wikipediaからの抜粋ですが「禅林寺(ぜんりんじ)は、京都市左京区永観堂町にある浄土宗西山禅林寺派総本山の寺院。一般には通称の永観堂(えいかんどう)の名で知られる。山号を聖衆来迎山(しょうじゅらいごうさん)、院号を無量寿院と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は、空海の高弟の真紹僧都である。当寺は紅葉の名所として知られ、古くより「秋はもみじの永観堂」といわれる。また、京都に3箇所あった勧学院(学問研究所)の一つでもあり、古くから学問(論義)が盛んである。
空海(弘法大師)の高弟である僧都・真紹が、都における実践道場の建立を志し、五智如来を本尊とする寺院を建立したのが起源である。」と記載されています。

Dsc01294.jpg
Dsc01295.jpg
Dsc01296.jpg
Dsc01297.jpg
Dsc01298.jpg
Dsc01299.jpg
Dsc01300.jpg
Dsc01301.jpg

サウナのような浴室:Wikipediaからの抜粋
サウナのような浴室.jpg

禅林寺(永観堂):Wikipediaからの抜粋
禅林寺(永観堂).jpg

多宝塔:Wikipediaからの抜粋
多宝塔.jpg




nice!(41)  コメント(0) 

サッカー:香川真司 ・ 先制ゴール=昨季 上回る 9点目 ―サッカー独1部リーグ [YouTube]

YouTube 凄い、きれい、何だ?・・・の拾った動画映像

巧い・・・香川真司 ・ 先制ゴール=昨季 上回る 9点目 ―サッカー独1部リーグ!!



http://youtu.be/HmH1lRfsCX4



nice!(42)  コメント(0) 

東京都:旧岩崎邸庭園 [東京都]

aaDsc04129.jpg

都立公園で三菱財閥岩崎家の旧邸宅をご覧ください。

Wikipediaからの抜粋ですが「旧岩崎邸庭園(きゅういわさきていていえん)は、東京都台東区池之端にある都立公園である。三菱財閥岩崎家の旧邸宅を公園として整備したもので、園内の歴史的建造物は国の重要文化財に指定されている。
1896年(明治29年)に竣工し、岩崎家の迎賓館として用いられた木造下見板張りの西洋館。お雇い外国人として来日し、独立後は三菱・岩崎家の仕事を数多く手がけたジョサイア・コンドルの設計である。
大名庭園の形式を一部踏襲する庭は、本邸建築に際して池を埋め立てて広大な芝庭とし、庭石・灯篭・築山などを配した和洋併置式の庭園として改修された。現在の庭園は国有化以降の用地転用・売却により大幅に削り取られているが、今も残る雪見灯篭や亭跡の石敷が往時の姿を偲ばせている。」と記載されています。

Dsc04054.jpg
Dsc04072.jpg
Dsc04073.jpg
Dsc04084.jpg
Dsc04089.jpg
Dsc04108.jpg
Dsc04113.jpg
Dsc04115.jpg
Dsc04118.jpg
Dsc04134.jpg
hDsc04138.jpg
iDsc04099.jpg
iDsc04100.jpg

撞球室:Wikipediaからの抜粋
撞球室.jpg



nice!(63)  コメント(2) 

京都:禅林寺_No.2 [京都]

aaDSC01289.JPG

禅林寺で一般には通称の永観堂の名で知られています。永観堂もお気に入りの映像が多いので3回に分けて投稿します。

Wikipediaからの抜粋ですが「禅林寺(ぜんりんじ)は、京都市左京区永観堂町にある浄土宗西山禅林寺派総本山の寺院。一般には通称の永観堂(えいかんどう)の名で知られる。山号を聖衆来迎山(しょうじゅらいごうさん)、院号を無量寿院と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は、空海の高弟の真紹僧都である。当寺は紅葉の名所として知られ、古くより「秋はもみじの永観堂」といわれる。また、京都に3箇所あった勧学院(学問研究所)の一つでもあり、古くから学問(論義)が盛んである。
空海(弘法大師)の高弟である僧都・真紹が、都における実践道場の建立を志し、五智如来を本尊とする寺院を建立したのが起源である。」と記載されています。

Dsc01272.jpg
Dsc01280.jpg
Dsc01281.jpg
Dsc01283.jpg
Dsc01284.jpg
Dsc01285.jpg
Dsc01286.jpg
Dsc01287.jpg
Dsc01288.jpg
Dsc01290.jpg
Dsc01291.jpg



nice!(38)  コメント(1) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。