So-net無料ブログ作成
検索選択

ドミニク・アングル [画家]

aa横たわるオダリスクThe Grand Odalisque.jpg
ルーヴル美術館でお目にかかった画家ドミニク・アングルの作品を独断と偏見ですが代表作と思われる数点を直接撮影、インターネット等で収集しましたのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「ルーヴル美術館は、パリにあるフランスの国立博物館である。
メトロポリタン美術館(アメリカ合衆国ニューヨーク)などと並んで世界最大級の美術館の1つであるとともに、アシュモリアン美術館(1683年)や、ドレスデン美術館(1744年)、バチカン美術館(1784年)と並んで、ヨーロッパで最も古い美術館の1つに数えられる。世界遺産パリのセーヌ河岸に包括登録されている。初代館長はナポレオンの外交官であったヴィヴァン・ドゥノン。世界的に有名な絵画・彫刻を多数所蔵している。

ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル(1780年8月29日 - 1867年1月14日)は、フランスの画家。19世紀前半、当時台頭してきたドラクロワらのロマン主義絵画に対抗し、ダヴィッドから新古典主義を引き継ぎ、古典主義的な絵画の牙城を守った。ラファエロに対する極めて高い評価、入念に構成された緊密な諧調、形体の幾何学的解釈など、師であったギョーム・ジョセフ・ロックの影響が色濃い。
アングルは1806年から1824年までの長期間イタリアに滞在し、1820年まではローマ、以後1824年まではフィレンツェで活動している。この間、ラファエッロ、ミケランジェロなどの古典を研究し、生活のために肖像画を描きつつ、母国フランスのサロンへも出品していた。有名な『ヴァルパンソンの浴女』(1808年)、『横たわるオダリスク』(1814年)などはこの時期の作品である。」と記載されています。

abThe Batherヴァルパンソンの浴女.jpg
acThe Source泉.jpg
adトルコ風呂.jpg
Madame Moitessier.jpg
Madame Riviere.jpg
Mademoiselle Caroline Riviere.jpg
Napoleon I on the Imperial Throneナポレオン.jpg
Paolo and Francesca.jpg
Princess de Broglie.jpg
Roger Freeing Angelica.jpg
Study of a Male Nude.jpg
The Birth of the Last Muse.jpg
The Dream of Ossian.jpg
The Entry of the Future Charles V into Paris in 1358.jpg



nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 35

コメント 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。