So-net無料ブログ作成
検索選択

ウジェーヌ・ドラクロワ [画家]

民衆を導く自由の女神755px-Eug%C3%A8ne_Delacroix_-_La_libert%C3%A9_guidant_le_peuple.jpg

ルーヴル美術館でお目にかかった画家ウジェーヌ・ドラクロワの作品を独断と偏見ですが代表作と思われる数点を直接撮影、インターネット等で収集しましたのでご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「ルーヴル美術館は、パリにあるフランスの国立博物館である。メトロポリタン美術館(アメリカ合衆国ニューヨーク)などと並んで世界最大級の美術館の1つであるとともに、アシュモリアン美術館(1683年)や、ドレスデン美術館(1744年)、バチカン美術館(1784年)と並んで、ヨーロッパで最も古い美術館の1つに数えられる。世界遺産パリのセーヌ河岸に包括登録されている。初代館長はナポレオンの外交官であったヴィヴァン・ドゥノン。世界的に有名な絵画・彫刻を多数所蔵している。

フェルディナン・ヴィクトール・ウジェーヌ・ドラクロワ 1798年4月26日 - 1863年8月13日)はフランスの19世紀ロマン主義を代表する画家。
1798年、パリ近郊のシャラントンに生まれた。父は外交官シャルル・ドラクロワだが、実の父親はナポレオン帝政下などで外務大臣を務め、ウィーン会議のフランス代表として知られるシャルル・モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールだといわれている。
1830年の七月革命に際しては、有名な『民衆を導く自由の女神』を制作している。この絵画は彼の肖像と共に、旧フランス・フランの100フラン紙幣に描かれたこともあった。」と記載されています。

アルジェの女たち767px-WomenofAlgiers.jpg
キオス島の虐殺507px-Eug%C3%A8ne_Delacroix_-_Le_Massacre_de_Scio.jpg
サルダナパールの死755px-Eug%C3%A8ne_Delacroix_-_La_Mort_de_Sardanapale.jpg
ダンテの小舟800px-The_Barque_of_Dante.jpg
モロッコのスルタン553px-Eug%C3%A8ne_Ferdinand_Victor_Delacroix_033.jpg
リエージュ司祭の暗殺761px-Eug%C3%A8ne_Ferdinand_Victor_Delacroix_013.jpg
リンボ(リュクサンブール宮図書室の天井画)800px-Luxembourg-Library-Delacroix.jpg
十字軍入城729px-Eug%C3%A8ne_Ferdinand_Victor_Delacroix_012.jpg
墓場の少女493px-Eug%C3%A8ne_Delacroix__Girl_Seated_in_a_Cemetery.jpg
母虎と戯れる子虎800px-A_Young_Tiger_Playing_with_its_Mother.jpg


nice!(32)  コメント(0) 

nice! 32

コメント 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。