So-net無料ブログ作成
検索選択

奈良:中宮寺 [奈良]

DSC05369.JPG

奈良市斑鳩町の中宮寺の映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「中宮寺(ちゅうぐうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町の法隆寺に隣接する、聖徳太子ゆかりの寺院である。宗派は聖徳宗に属す。山号を法興山と称し、本尊は如意輪観音、開基(創立者)は聖徳太子または間人皇后とされている。
中宮寺は、現在は法隆寺東院に隣接しているが、創建当初は400メートルほど東にあった。現在地に移転したのは中宮寺が門跡寺院となった16世紀末頃のことと推定される。
法隆寺と同じ頃、7世紀前半の創建と推定されるが、創建の詳しい事情は不明である。天平19年(747年)の『法隆寺縁起』や『上宮聖徳法王帝説』には、「聖徳太子建立七寺」の一とされるが、確証はない。平安時代の『聖徳太子伝暦』は、中宮寺は聖徳太子が母・穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ、間人皇后)の宮殿を寺としたと伝え、後には間人皇后自身が発願者であるという伝承も生まれる。」と記載されています。

DSC05366.JPG
DSC05367.JPG
DSC05370.JPG
DSC05373.JPG
DSC05374.JPG
DSC05376.JPG
DSC05378.JPG
DSC05380.JPG
DSC05381.JPG
DSC05382.JPG

天寿国繍帳:Wikipediaからの抜粋
天寿国繍帳.jpg

表御殿:Wikipediaからの抜粋
表御殿.jpg

菩薩半迦像:Wikipediaからの抜粋
菩薩半迦像.jpg

本堂:Wikipediaからの抜粋
本堂.jpg


nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 31

コメント 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。