So-net無料ブログ作成

浦島太郎伝説 [横浜市]

9285384.jpg

浦島太郎伝説に関連したお寺「浦島丘の蓮法寺」が地元横浜にありす。管理された小さいめの庭園がある蓮法寺の映像をご覧下さい。

伝説は「相模の国三浦の里に、水江の浦島太夫という人が住んでいました。太夫は仕事のため、久しく丹後の国へ赴いていました。その子の太郎が一日海に出て帰る際、浜辺で子供らにいじめられていた亀を助けました。太郎は助けた亀に連れられて「竜宮城」へ行き、乙姫様のもてなしを受けました。月日の経つのも夢のうちで、いつしか3年の歳月が流れました。父母恋しさに暇を告げたところ、乙姫様は別れを惜しんで、玉手箱と聖観世音菩薩を太郎に与えました。故郷の土を踏んだ太郎には、見るもの聞くものすべて見知らぬものばかりでした。ついにこの玉手箱を開きますと、中から白い煙が出てきて白髪の老人になりました。3年と思ったのが実は300年、すでに父母はこの世の人ではなく、武蔵の国白幡の峰に葬られてあると聞いて尋ねてみると、二つの墓石が淋しそうに並んでおりました。太郎は墓の傍らに庵を結んで菩薩像を安置し、父母の菩提を弔いましたが、この庵がのちの観福寿寺で、通称「うらしまでら」と呼ばれました。観福寿寺は明治5年に廃寺になり、現在は慶運寺に聖観世音菩薩像が安置されています。 なお、浦島丘の蓮法寺には浦島太夫・太郎父子の供養塔や亀塚の碑があります。」尚、聖観世音菩薩像が安置されている慶運寺の写真も添付します。(参考 出典:横浜市神奈川区歴史あらかると) 

Wikipediaからの抜粋ですが「浦島太郎(うらしまたろう)は、日本各地にある龍宮伝説の一つ。また、日本の伽話(おとぎばなし)の一つで、その主人公の名前でもある。現在一般的に流通しているストーリーはおおむね以下のようなものである。漁師の浦島太郎は、子供が亀をいじめているところに遭遇する。太郎が亀を助けると、亀は礼として太郎を竜宮城に連れて行く。竜宮城では乙姫(一説には東海竜王の娘:竜女)が太郎を歓待する。しばらくして太郎が帰る意思を伝えると、乙姫は「決して開けてはならない」としつつ玉手箱を渡す。太郎が亀に連れられ浜に帰ると、太郎が知っている人は誰もいない。太郎が玉手箱を開けると、中から煙が発生し、煙を浴びた太郎は老人の姿に変化する。浦島太郎が竜宮城で過ごした日々は数日だったが、地上では700年が経っていた。なお、浦島太郎のその後については文献や地方によって諸説あり、定説と呼ぶべきものはない。

主なお話:『日本書紀』による話、『丹後国風土記』にある話、『御伽草子』、「鶴亀」バージョン 、
横浜市神奈川区に伝わる話、沖縄に伝わる話」と記載されています。

9285381.jpg
9285389.jpg
9285392.jpg
009285833.jpg

Wikipediaからの抜粋
Edmund_Dulac-Urashima_Taro-1916.jpg

浦島太郎像(香川県三豊市):Wikipediaからの抜粋
浦島太郎像(香川県三豊市).jpg

歌川国芳画浦島太郎:Wikipediaからの抜粋
歌川国芳画浦島太郎.jpg



nice!(254)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 254

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。