So-net無料ブログ作成

ドイツ旅行:フランクフルト旧市庁舎付近の建物とモニメント [海外旅行]

CIMG3204旧市庁舎.JPG

2009年9月下旬撮影、2009年9月25日から10月8日までドイツの個人自由旅行(その日の気分と天気で詳細決定)に行って来ました。基本ルートは、ミュンヘンとバイエルン州の観光、ハイデルベルク/フランクフルト/ケルン観光、ベルリン/ポツダム/ニュルンベルグ観光で合計14日間の旅行です。2日間は曇り時々小雨でしたが天気には恵まれたたと思っています。移動方法は1日だけ友人の車でドライブ旅行でしたが残りの都市間移動は8日間のジャーマン・レイル・パスを利用し市内は地下鉄とバスを利用しました。特にトラブルにも遭わず無事帰国でき満足、満足の旅行でした。その旅行記録映像を数回に分割して投稿しますのでご覧下さい。

ミュンヘンからハイデルベルク、フランクフルト、ケルン、ベルリン、ポツダム、ニュルンベルクにドイツ鉄道 DBのジャーマンレイウパスを利用して訪問してきましたのでその映像をご覧下さい。
    
   40回目は、フランクフルトのレーマー広場に付近の建物とモニメントの映像をご覧下さい。

Wikipediaからの抜粋ですが「フランクフルト・アム・マイン (Frankfurt am Main) は、ドイツ西部の都市。ライン川の支流の一つ、マイン川の下流域に位置する。ヨーロッパ有数の世界都市である。政治都市である首都ベルリンに対する経済の中心都市である。2008年には、グローバリゼーションと世界都市の研究グループおよびネットワーク(GaWC)により、第1級世界都市-に選ばれている。
ローマ人により古代時代にはローマ軍の駐屯地であった。フランクフルトの地名は西暦5世紀頃にフランク王国が、隣国のアレマン族との戦争の際に、マイン川を渡る地点として選んだ、浅瀬の場所を「Frank(フランク人)Furt(渡る場所)」と呼んだ事に由来する。レーマー広場はツム・レーマーという屋号を持ち長い間ローマと取引をしていた豪商の建物を買い上げ市庁舎に改造し回りの広場をレーマー広場と呼ぶようになった。」と記載されています。

CIMG3209.JPG
CIMG3210.JPG
CIMG3215.JPG
CIMG3216.JPG
CIMG3218.JPG
CIMG3219.JPG
CIMG3220.JPG
CIMG3221.JPG
CIMG3223.JPG
CIMG3226.JPG
CIMG3229.JPG


    

nice!(359)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 359

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。