So-net無料ブログ作成

ドイツ旅行:ミュンヘン・ティアティーナ教会 [海外旅行]

aaDSC01610ティアティーナ教会と広場の銅像.JPG

2009年9月下旬撮影、2009年9月25日から10月8日までドイツの個人自由旅行(その日の気分と天気で詳細決定)に行って来ました。基本ルートは、ミュンヘンとバイエルン州の観光、ハイデルベルク/フランクフルト/ケルン観光、ベルリン/ポツダム/ニュルンベルグ観光で合計14日間の旅行です。2日間は曇り時々小雨でしたが天気には恵まれたたと思っています。移動方法は1日だけ友人の車でドライブ旅行でしたが残りの都市間移動は8日間のジャーマン・レイル・パスを利用し市内は地下鉄とバスを利用しました。特にトラブルにも遭わず無事帰国でき満足、満足の旅行でした。その旅行記録映像を数回に分割して投稿しますのでご覧下さい。

    11回目は、ミュンヘン・ティアティーナ教会の外観と内部をご覧下さい。

テアティーナ教会はオデオン広場、将軍堂横に建っている。バロック中期のバジリカ教会であらゆる意味でミュンヘンでもっと美しい教会の一つに数えられる。これはイタリア・バロック式の教会で1663-75年にアゴスティーノ・バレーリとエンリコ・ズッカーリによって建てられた。円蓋の高さは71メートル。この教会は1662年、選帝候フェルディナント・マリアの継承者マックス・エマヌエルが誕生したのを祝って建てられた。ドイツにおける最高のバロック建築とも称される。教会正面入り口のニーシェにある大理石の彫刻はローマン・ボースの作品で、聖フェルディナント、聖アーデルハイド、聖マクシミリアン、聖カイェタンである。教会内部は筒形丸天井と円蓋がなす高い円弧が司り、内装は白く水漆喰で塗られている。本祭壇は豪壮な円柱建築で選帝候家の4人の守護天使によって栄光を与えられている。この教会にはヴィッテルスバッハ家の墓所があり25人が安置されている。

DSC00597.JPG
DSC00599.JPG
DSC00602ティアティーナ教会内部.JPG
DSC00606.JPG
DSC00611.JPG
DSC00617.JPG
DSC00619.JPG
DSC00620.JPG
DSC00623.JPG
DSC00624.JPG

投稿済みドイツ旅行関連映像
「ドイツ旅行:ミュンヘン・レジデンス宮殿宝物庫(7)」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-02-14
「ドイツ旅行:ミュンヘン・レジデンス宮殿宝物庫(6)」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-02-03
「ドイツ旅行:ミュンヘン・レジデンス宮殿宝物庫(5)」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-17
「ドイツ旅行:ミュンヘン・レジデンス宮殿宝物庫(4)」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-16
「ドイツ旅行:ミュンヘン・レジデンス宮殿宝物庫(3)」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-14-1
「ドイツ旅行:ミュンヘン・レジデンス宮殿宝物庫(2)」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2010-01-07
「ドイツ旅行:ミュンヘン・レジデンス宮殿宝物庫(1)」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-12-24
「ドイツ旅行:ミュンヘン宮廷礼拝堂」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-12-16
「ドイツ旅行:ミュンヘン新市庁舎」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-12-01
「ドイツ旅行:ミュンヘン市」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-11-26
「ドイツ旅行:成田空港からミュンヘン空港」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-11-20-1
「ドイツ旅行:ダイジェスト版」
http://takemovies.blog.so-net.ne.jp/2009-10-28-3





nice!(287)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 287

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。